「逃げ恥SP」詰め込まれた"30の名言"が凄すぎた あれから4年、「ニッポンの課題」がてんこ盛り

東洋経済オンライン / 2021年1月5日 20時0分

圧倒された「逃げ恥SP」。「30の名言」でがっちり振り返ります(イラスト:momokoharada)

コロナ自粛の影響で、近年になく映像作品に親しむようになった人が増えています。より日常が豊かになるような、映像作品の楽しみ方とは? コラムニストの佐藤友美(さとゆみ)さんが、ドラマと日常の間に、華麗に接線を引いていきます。

今回のテーマは『逃げ恥スペシャル』です。ネタバレを含みますので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

1月2日に放映された『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』。放送直後のTwitterのトレンドが、

1位 逃げ恥
4位 逃げるは恥だが役に立つ
6位 ガッキー
10位 沼田さん
11位 無痛分娩
12位 恋ダンス
14位 みくりさん
21位 ゆりちゃん
23位 みくりちゃん

と、リアルタイム視聴でも大いに盛り上がりました。

いやはや。連ドラ時代にも、そのスパイスが散りばめられていた『逃げ恥』ですが、スペシャル版は、これでもかというくらいの“社会課題てんこ盛り”でした。

観終わったあとは、しばし、この日本が抱える数々の課題に想いをはせて、ずずーんという気持ちになったほどです。

少子化問題。男性の育児参加問題。LGBTにルッキズム、セクハラ……。

そもそも、このスペシャルの放送計画ありきで描かれたという漫画の原作自体が、社会課題満載でした。なので、覚悟はしていましたが、脚本家の野木亜紀子さんが、さらにそれに、どっちゃりかぶせてきた!!

まさか『逃げ恥』でお正月からここまで啓蒙されるとは思っていませんでした。これだけ社会現象になったドラマだからこそ、負っている使命も大きいのだろうな、と思った次第です。

ネットの感想も

「逃げ恥、ここまで社会課題を盛り込んで、ドラマとしても成立させているところ、すごい」

という意見が多かったように思います。

というわけで、今回は、我々“逃げ恥の民”が、思わず啓蒙された名セリフとともに、『逃げ恥SP』の社会課題てんこもり具合を振り返ります(ネタバレありです。またタイムラインはCM込みの同録のタイムです)。

■山ほどあった「名言」を一挙総まとめ!

●名言1:産休「順番待ち」問題
「子どもを産むのに、順番待ちが必要って何?」byみくり
開始1分17秒

→みくりが再就職した会社の女子社員の出産状況を示すセリフ。部のメンバー1人が妊娠すると、その人の産休・育休が開けるまでの約1年半、残りの女性は出産しにくいという不文律があることが判明。日本企業で「あるある」な事例が、ドラマ開始1分台で白日のもとにさらされます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング