昔の日本は「告白は女性からだった」意外な事実 あの浦島太郎もプロポーズを受けている?

東洋経済オンライン / 2021年1月25日 8時30分

日本人女性は本当に受け身なのでしょうか?(写真:PIXTA)

日本の女性は「恋愛に受け身」だと言われます。内閣府「平成27年度少子化社会に関する国際意識調査」では、日本・フランス・イギリス・スウェーデン4カ国の恋愛意識を比較したものがあります(対象は各国20~49歳男女)。

「気になる相手には自分から積極的にアプローチする」か「相手からアプローチがあれば考える」かという設問があり、これは恋愛に対する能動的か受動的かを判断する材料になります。

結果は、日本の女性の「相手からアプローチがあれば考える」が45%と4カ国中断トツです。(外部配信先ではグラフや図表を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

同時に日本の男性も3割が受け身なのですが、おもしろいのは、西洋の男性は恋愛に能動的かと思うとそうでもなく、フランスやイギリスの男性は日本男性よりも恋愛に能動的ではないということもわかります。

■実は「受け身」一辺倒ではない

いずれにしても、イメージどおり、日本の女性の受け身体質は明らかなのですが、果たして、本当に日本の女性はもともと受け身なのだろうか。

私の主宰するラボで、「はじめて異性に告白した年齢別の累計経験率」というものを調査したことがあります。それによれば、当然ながら、既婚男性は結婚する際にプロポーズをすることが多いので告白経験率は100%に近いのですが、未婚男性は8割程度にとどまります。

逆にいえば、2割の未婚男性は今まで一度も誰に対しても告白をしたことがないということです。これは、2015年国勢調査で50歳時未婚率が23.4%であることなどを考慮すると納得できる数字です。

もちろん、これは告白経験率などでそれがイコール恋愛に発展したわけではありません。告白をしても振られ続けることもあります。しかし、少なくともこれを見るかぎり、「若者の草食化」などと揶揄されてはいますが、未婚男性もなんだかんだ能動的にアクションをしていると言えます。

一方、女性のほうはどうでしょうか。確かに、男性と比べると自ら告白をする率は低いですが、既婚女性は全体的に8割、未婚女性でも6割弱が告白経験があります。女性だからといって「受け身」一辺倒ということではないことがわかります。

よくよく考えれば、恋愛で付き合う際に「告白は男からするもの」という考え方自体が間違いで、本来男女関係なくするものでした。この「告白は男から文化」は意外に歴史が浅いのです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング