1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

週350本放送「ミニ番組が昔も今も粒揃い」の訳 見たことはあっても、知られていない存在意義

東洋経済オンライン / 2021年4月6日 21時30分

昔からあるミニ番組はなぜ放送されるのでしょうか(写真:tomoko/PIXTA)

「ミニ番組」は、テレビを見る誰もが目にしているはずだ。なにしろ、東京キー局だけで1週間に350番組以上放送されているのだから。もっとも、その存在意義など知られていないことも多い。本稿ではミニ番組の“オモテとウラ”に迫りたい。

■ミニ番組はテレビの黎明期から存在する

あらかじめお断りしておきたい。本稿では15分以下の番組を「ミニ番組」とさせていただく。NHKも日本民間放送連盟(民放連)も、「これがミニ番組である」といった明確な規定は設けていない一方で、ビデオリサーチの「テレビ視聴率速報」に記載されるのは15分以上の番組なので、ミニ番組はそれ以下のものと解釈した。

ミニ番組は非常に身近な存在だが、その存在意義を問われると、説明するのが難しい。なぜ存在するのだろうか?

そこで、日本テレビ元社長の萩原敏雄氏に教えを乞うた。1994年から2003年まで同局が年間視聴率3冠王を獲得した際の司令塔だ。

入社は日テレ開局から6年後の1959年。萩原氏によると「僕の入社当時からミニ番組はあった」と。当時の新聞縮刷版にはすでにニュースやテレビ体操が存在する。どうしてミニ番組はテレビ黎明期からあるのか?それは、まずスポンサーが望むからだそうだ。萩原氏は言う。

「ほとんどが1社提供で、スポンサーははっきり自分の会社を前面に押し出せるわけですからね。冠番組みたいに」

ミニ番組は格好のPRになる一方、社名が前面に出るから、スポンサーは良質の番組を望む。局としても異論があるはずがないので、昔も今もミニ番組は粒揃いと言われる。それは局側にもプラスをもたらす。

「プライム帯でスポットCM枠を確保するためには、ミニ番組を使うしかないんですよ。ごく短い番組ですが、前後にステブレ(=ステーションブレイク)枠がしっかりありますから。ミニ番組をやるとやらないとでは、スポットCM枠は大きく違います」(萩原氏)

例えば午後8時台に60分番組を編成し、同9時台の60分番組につなぐと、スポットCMが流せるステブレ枠はわずかしか生まれない。だが、番組間にミニ番組を挟むと、ステブレ枠は拡大し、スポットCMも増える。局の収入増につながるというわけだ。

ミニ番組を編成すると、タイムCMを流せる時間量も違ってくる。民放連はプライム帯で流せるタイムCMの時間量を、原則的に60分番組なら6分間、30分番組なら3分間と定めている。だが、5分以内の番組の場合、CM時間量は1分間。このため60分番組だと6分間しか流せないタイムCMが、55分番組と5分番組の組み合わせにすれば、5.5分間プラス1分間となり、計6.5分間に増える。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング