1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「生理痛の原因」が若者と大人で実は異なる理由 生理やPMSの仕組みを知ればもっとラクになる

東洋経済オンライン / 2021年5月9日 11時0分

生理不調についてもっと知るとラクになるかもしれません(写真:Pangaea / PIXTA)

生理やPMSで悩んでいる女性は、いったいどのくらいいるのでしょうか。そして、そもそも生理痛はなぜ起こるのか。当事者でも意外と知らないことは多いものです。

新刊『生理で知っておくべきこと』は、生理のデータが詰まった日本初の本です。予防医療・栄養コンサルタントの細川モモさんによる本書より、意外と知らない生理痛の仕組みについて解説します。

■生理痛とPMSがある人はどのくらいいるか

生理痛、PMSは生理とは切っても切り離せません。ただでさえ不快な症状なのに、痛みや体の不安が毎月くるのは大変なことです。

「生理不調」とは、ふたつに分類されます。「生理痛」と「PMS」です。

生理痛は、女性の約72%が感じています。このうち31%の女性は痛みどめを服用しなければいけないほどの痛みを抱えています。

ふたつめのPMSは、女性の約96%(95.6%)が感じています。

PMSには頭痛や腹痛、肌荒れやむくみといった体に出る症状がメインのタイプと、精神的な浮き沈みやイライラといったメンタルの症状を抱えるタイプに分けられます。もちろん両方が起こることもあります。

メンタル型で、日常生活に支障が出るほど重たい場合は、PMDD(月経前不快気分障害)といわれます。

生理痛もPMSも症状と重さには個人差があります。ちなみに、誰もがうらやむ、「どちらも感じない」という女性はたったの2.5%です。

■生理痛はなぜ起こるのか

どうして生理痛が起こるのでしょうか。まず、10代と20代〜では生理痛の原因が違います。

「生理の血」とは、子宮内膜のことです。子宮内膜とは、「体の中の卵子を育てるためのベッド」と聞いたことがあるかもしれません。女性の体は、毎月妊娠のために排卵します。同時に、受精したときのための場所を用意します。それが、子宮内膜です。

受精しなかったときは、お役御免となったこの子宮内膜は排出されます。それがいわゆる「生理の血」です。

子宮内膜は、はがれたばかりのときはドロっとした血液の塊です。これがそのまま子宮の下についている子宮頸管に押し出されます。これは、子宮と膣をつなぐ細い管です。この子宮頸管は細く、押し出すために子宮を強く収縮しなければなりません。このときの痛みが、生理痛です。

子宮頸管に血を押し出すために、体はこの血の塊をサラサラにします。そのために必要なのが酵素です。酵素というとお肉を柔らかくしたり、汚れを落とすクレンザーにも使われますが、体の中ではタンパク質の「分解役」です。これが子宮内膜の塊も溶かします。こうして、子宮内膜はスムーズに子宮頸管を通って体外に排出されます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング