1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

スギ薬局「ワクチン便宜」に疑念が募りまくる訳 より深刻なのは地元住民と従業員への裏切り

東洋経済オンライン / 2021年5月12日 20時30分

大幅なイメージダウンは免れません(東洋経済オンライン編集部撮影)

新型コロナウイルスのワクチン接種にかかわるさまざまなニュースが飛び交う中、「やはり起きたか」と思った人は多かったのではないでしょうか。

5月11日、愛知県西尾市がスギ薬局を展開するスギホールディングスの創業者・杉浦広一会長と妻・昭子相談役の予約を優先確保するよう便宜を図ったことについて謝罪会見を開きました。

会見には、中村健市長、近藤芳英副市長、簗瀬貴央健康福祉部長が出席。優先接種の便宜を図った理由について近藤副市長は、「会長ご夫妻にはさまざまな形でご支援をいただいております。何らかの形でお返しができないかと考えました」とコメントしました。

また、事の経緯について簗瀬部長は、「(スギ薬局側からの問い合わせが)かなりしつこかったというのはあります。いったん断れば、また別な理由でこうなんだと……」「断りたかったというのが本当のところですが、要請の範囲をはるかに超えていました」などとコメント。

中村市長も「通常の働きかけではなく、より強い圧力というかプレッシャーという認識でした」と語りつつ、「不適切であると考えていますし、弁解の余地はないものと考えています」と西尾市の非を認めて謝罪しました。近藤副市長と簗瀬部長がスギ薬局側のプレッシャーに屈して、市長に報告せず独断で行ったことを認めたのです。

■「会見での質疑応答」と「書面1枚」の差

しかし、スギホールディングスがホームページに掲載した書面には、謝罪の文面こそあったものの、「当社相談役が肺がんを患い大きな手術を経験しており、一日も早いワクチン接種をと慮った当社秘書が西尾市役所様にお問い合わせをさせていただいたことに端を発します。その使命感ゆえに何度かお問合せを繰り返ししたことについてご迷惑をおかけしたと考えております」と秘書のみに責を求めるようなコメントに終始。

さらに、「また会長杉浦自身は過去にアナフィラキシーショックを経験しており、ワクチン接種は希望しておりません」とアンダーライン付きの文章を続けました。「そもそもワクチン接種を希望していないのだから会長にいっさいの関連はなく、秘書が勝手にやったもの」であることを強調したのです。

また、近藤副市長は、「ご夫妻は(10日午後)、すでに会場に向かってお見えになりましたが、ご説明をさせていただき、ご理解をされて接種を取りやめていただきました」ともコメントしているだけに、スギ薬局側への疑惑は深まるばかり。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング