1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

物件内見中わいせつ事件に「賃貸業界」が戦慄の訳 不動産業界は30年前から変わっていないのか

東洋経済オンライン / 2021年6月22日 22時0分

エイブルはプレスリリースを出した

5月末、残念なニュースが不動産業界を駆け巡った。福岡市で起きた賃貸仲介会社社員による強制わいせつ事件だ。賃貸物件の空室という、周囲の目が届かない密室を利用した卑劣な犯行が明らかとなった。

事件は4月に起きていた。被害者は、物件探しのため容疑者の勤める店を訪れた26歳の女性だった。

その女性に対し、内見案内の途中、無理やりわいせつな行為をした疑いで、エイブル博多駅前店勤務の42歳の社員が5月26日に逮捕された。捜査員に前後を固められながら、任意同行のため店を出てくる容疑者を捉えた映像をテレビのニュースやインターネットでみたという人も多いだろう。

■すぐに逃げられなかった被害女性

事件当日、被害者と容疑者の2人は3つの物件を巡っている。そのうち2つ目の部屋で容疑者は犯行に及んでいる。女性はなぜ、そのあとすぐに逃げ出さなかったのだろうか?

報道によれば、その理由について女性は、「住所や携帯電話の番号など、個人情報を渡していたので、逃げるのは怖かった」旨、語っているという。もっともなことだろう。女性はおそらく恐怖におびえながら、3件目の部屋の案内もおとなしく受け、その後、警察に被害を届け出ている。

一方、容疑者の方は、何か勘違いして調子に乗ったのか、内見終了後、女性に対しLINEアカウントの交換まで要求したということだ。

この事件を受け、エイブルは5月27日にリリースを行った。

今後、物件の内見案内をする際、従業員は「入室を控える」という。なおかつ、「おひとりでご来店された女性のお客様には、女性社員がご案内できる体制を整えてまいります」ともある。

とはいえ、入室を控えるというのは、現場としてはかなりの難問だ。部屋の奥や、トイレ、バスルームなどにいる入居希望者からの質問に、従業員は玄関ドアの外から答えなければならなくなる。入居希望者にハンディカメラを持って部屋に入ってもらうなどしなければ、「この設備、何ですか」「見えないのでわかりません」といった状態になるため、徹底はなかなか難しいだろう。

なお、古い時代を知る人であれば、「昔の内見はそんなもんだった」と、言うかもしれない。1990年代前半頃までは、入居希望者が鍵を渡され、1人で物件を見に行くことは普通にあった。

しかし、現在、それは非常識なこととなっている。物件や設備の汚損、毀損が発生した場合など、責任問題がきわめてややこしくなるためだ。

つまり、仲介会社等の従業員ではなく、どちらかというと入居希望者側の行動こそが警戒されているのが、現在の「密着付き添い型」内見スタイルの重要な一面といえるだろう。

■業界はバブルの昔と変わっていないのか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング