1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「視聴率は低くても満足度が高い」ドラマの共通点 「大豆田とわ子」が好例、注目の新ドラマは?

東洋経済オンライン / 2021年6月22日 17時0分

夏ドラマ、注目の作品は?(画像:各社公式サイトより)

テレビドラマを評価する尺度も、近年多様になっている。ビデオリサーチによる視聴率も、世帯単位ではなく個人単位のものが加わるようになった。また「満足度ランキング」と呼ばれるような、内容に比重を置いた指標も存在する。

さらに、SNSでの盛り上がり具合が番組の人気を示すものとして注目されることも増えた。以下では、そうしたいくつかの尺度をもとに、今期視聴者によって「選ばれたドラマ」と「選ばれなかったドラマ」、それぞれの特徴と傾向についてざっと振り返ってみたい。

■『ドラゴン桜』に見る王道パターンの強み

世帯視聴率で見ると、今期は『半沢直樹』(TBSテレビ系)のような飛び抜けた視聴率を記録する作品はなかった。ただそのなかで、一般に合格ラインとされる、平均10%以上の視聴率をあげている作品はいくつかある。

『ドラゴン桜』(TBSテレビ系)は、7話までの世帯視聴率の平均が13.9%(ビデオリサーチ調べ。関東地区)で、今期ドラマのトップである。人気作の第2シリーズで、さらに『半沢直樹』と同じ「日曜劇場」枠。まずは、作品としても放送枠としても固定ファンが多いということがあるだろう。

キャストの魅力も大きい。主演の阿部寛をはじめ、長澤まさみ、江口のり子、林遣都らの豪華、かつ安定感のある出演者に加え、髙橋海人(King & Prince)、平手友梨奈、加藤清史郎、南沙良、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央多といった生徒役の面々には新鮮な魅力があり、山下智久、長澤まさみ、新垣結衣らが出演した第1シリーズのときと同様、今後の飛躍が期待される若手として注目度も高い。

そして最大のポイントは、やはりドラマとしての明快さだろう。成績がよくなかったり、なにか事情を抱えていたりする生徒たちが東大合格を目指し猛勉強するというストーリーは、とにかくわかりやすい。さらにそのなかに、学園ドラマに欠かせない熱い友情の物語もちゃんと盛り込まれている。そうした万人向けの、ストレートなわかりやすさは、家族そろってテレビを見ていることも多い日曜夜9時台にぴったりだ。

視聴率平均が10%を超える他のドラマにも、そうした王道パターンが目立つ。

典型的なのは、テレビ朝日系列の刑事ものや警察ものである。小ネタや個性的な出演者も見どころの内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長 season5』、今期で4シーズン目に入った井ノ原快彦主演『特捜9 season4』、警察内部の出世競争を描く玉木宏主演『桜の塔』など、作風は多彩だが、いずれも刑事ものや警察ものの基本的なフォーマットは崩さないところに安心感がある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング