1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

"本州最北端"に充実の路線、青森ご当地鉄道事情 旅客・貨物の大動脈、地方私鉄、新幹線が駆ける

東洋経済オンライン / 2021年7月4日 6時30分

青森県の最高峰、岩木山をバックに走る弘南鉄道弘南線(撮影:鼠入昌史)

青森県は本州の最北端、津軽海峡を隔てれば北海道という場所にある。いわば、最果てである。何しろ、鉄道は人がたくさん暮らしている土地を走っていなければ本領は発揮できない。都市部ほど鉄道網が充実し、そこから離れるほど鉄道のネットワークは空疎になってゆくのが、だいたい普通のことなのだ。

その点、青森県の鉄道は本来あまり期待できないのではないかと思ってしまう。主要都市、つまりは青森市・弘前市・八戸市という3市を結ぶのはまだしも、それ以外の人口希薄地帯の鉄道事情はどうなっているのだろうか。

■想像以上に充実した鉄道網

答えをここで出してしまうと、実は青森県、想像以上に鉄道が充実している地域ではないかと思っている。JR(やそれを転換した第三セクター)の大動脈はもちろんのこと、風光明媚なローカル線に地域の通学ニーズを満たす私鉄まで、そのラインナップは十分にそろっている。鉄道の旅として訪れると、なかなか全路線を回るのに難儀するほどなのだ。

青森県の鉄道の旅をするならば軸をまず定めなければならない。やはりその軸は、東北本線を前身とする第三セクター鉄道の青い森鉄道線とするのが一般的だろう。

青い森鉄道線は、同じく元東北本線の三セク路線・いわて銀河鉄道線と目時(めとき)駅で接続し、八戸から野辺地(のへじ)などを経て青森駅に向かう。かつては東京方面からの特急列車も走っていた正真正銘の大動脈である。終着の青森駅では青函連絡船に乗り換え、津軽海峡を越えて北海道まで結んでいた。

今ではそうした面影はほとんどなくなって、ローカル線の風情が強くなってしまったが、青森県内における存在感は相変わらずだ。何しろ、青森駅・八戸駅という青森県内におけるお客の多い上位2つの駅を互いにつないでいる。青森市と八戸市は人口においても青森県のトップ2だ。旅客列車だけでなく、北海道―首都圏間の物流を支える貨物列車が多数往来する。

そしてこの大動脈からいくつかの路線が支線のごとく分かれている。1つは、八戸駅から分かれる八戸線である。もともと八戸駅は古くからの八戸の市街地とは離れた場所にあり、開業した1891年から1971年までは尻内(しりうち)という駅名だったくらいだ。

そこで盛岡藩と同じ南部氏が治めた八戸藩の城下町であった市街地と大動脈を結ぶべく、1894年に現在の八戸線が尻内から八ノ戸(現・本八戸)まで開業した。これがそのまま延伸、現在では鮫駅を過ぎた付近でうみねこの鳴く蕪嶋神社を見た後、太平洋沿いを南下し、岩手県の久慈駅まで走っている。鮫―久慈間は風光明媚な車窓もあって、観光列車も運転されるなかなかの人気路線だ。

■下北半島を走る鉄路

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング