1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

新型アクアvsヤリス、トヨタコンパクトカー対決 燃費は同等、走りのよさか、快適性の追求か

東洋経済オンライン / 2021年7月24日 10時0分

一方、新型アクアは、上質さと安心感が特徴であるとの説明だ。外観の全体像は、初代に似ているが、写真や映像からだけの印象でも(執筆時点ではまだ実車を見ていない)上質な仕上がりである様子がうかがえる。また、9色用意された車体色は、初代のパステル調を交えた親し気で明るく軽やかな雰囲気と異なり、やや重厚で奥行きがあり、上質さを高める色合いを揃えていると思う。

ハイブリッド専用車として期待される燃費性能も、WLTCで33.6~35.8km/Lとなり、初代の27.2~29.8km/Lを20%以上改善している。そのうえで、運転支援装備の充実はもちろんだが、たとえば自動駐車システムもヤリスでは前進・後退の切り替えは運転者が行うが、新型アクアではそれも自動化された。

ここでは詳細は省くが、そのように、日々の暮らしの中で乗るHVとして、アクアは日常性と日々の快適さを高めたハイブリッド専用車であることをより極めたといえるだろう。

一方、ヤリスハイブリッドは、燃費性能では新型アクアと同等の35.4~36.0km/Lで、その容姿を含め、走りのよさを実感する個性を求める人にうってつけではないか。

プリウスが2代目となって以降、5ナンバーのHVの選択肢がトヨタ車では一時的に途切れたが、トヨタはTNGAをもとにしながら特徴の異なるHVをここに揃えた。SUVの「ライズ」や、ワゴンの「ルーミー」など含め、国内に根強い人気を持つ5ナンバー車の充実をはかれるのは、トヨタならではのことであり、改めて新車開発におけるTNGAの威力を思わずにはいられないのである。

御堀 直嗣:モータージャーナリスト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング