1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

30代後半から無慈悲に太り続けてしまう根本原因 「ミトコンドリア」の量が脂肪燃焼の鍵を握る

東洋経済オンライン / 2021年7月31日 17時0分

「昔は食事制限すればすぐにやせたのに!」となってしまうカラクリとは?(写真:ペイレスイメージズ1(モデル)/PIXTA)

コロナ禍の運動不足で体重増加が止まらないという声を、よく耳にするようになりました。しかし通勤や外出の回数が減っていなくても、運動量が減っていなくても、特に食事を変えていなくても、じつは30代半ばを過ぎると男女問わず体重も体脂肪率も増える傾向にあるようです。これを「歳を取って代謝が落ちたから」と結論づけてしまうのは簡単ですが、いいのでしょうか。

鍼灸師・柔道整復師として20年以上のキャリアを持ち、痩身や産後ケアをメインに行う整骨院を営む今村匡子氏の最新著書『「やせたい」なんてひと言もいってないのにやせた1分ねじれ筋のばし』の内容を一部抜粋し、ご紹介します。

■ミトコンドリアっていったい何?

歳を重ねるごとに「食べなければやせるが通用しなくなった」と悩む方は多く「30代半ばを過ぎてからはやせるどころか体重が増え続けた」とおっしゃる方も少なくありません。もし日々の活動量や食事の内容に大きな変化はなく、これという原因もないのにダイエットをしても体重が減らなくなったとしたら、体内の「ミトコンドリア」が激減してしまったのかもしれません。

「ミトコンドリア? なんだか難しそう……」

こう思われた方、ご安心ください。

ミトコンドリアは、体内に溜め込んだ脂肪や糖をガンガン燃やしてくれる強力な味方です。脂肪や糖を消費して、体を動かすエネルギー源となる「ATP(アデノシン三リン酸)」を24時間休むことなく合成してくれる細胞内の小器官で「細胞のエネルギー工場」と呼ばれることもあります。

このミトコンドリアが減ると、体は火をつける芯を失ったロウソクのような状態に。ロウ(脂肪や糖)を燃やすために火をつける芯(ミトコンドリア)が減れば当然、脂肪は体に溜まる一方になります。きれいにやせるには、溜まった脂肪をいかに消費するかが最重要課題。ミトコンドリアが減ると、それが困難になるわけです。

「体内のミトコンドリアが減っている」なんていわれても、見ることも意識することもできないし何のことやら、と思われたかもしれません。ミトコンドリアが減ったかどうかを知る目安は2つあります。1つは体の冷えです。ミトコンドリアの含まれる量が多い筋肉細胞が加齢とともに減ると、体が 熱をつくる量も少なくなります。これが冷えを起こすのです。

もう1つは、体の硬さ。ミトコンドリアがたっぷり含まれる筋肉の多くは、骨や関節の位置を正しく維持するために使われています。しかし体を大きく動かす機会が減ると関節の動きが悪くなり、関節を支える筋肉は働けなくなって、やせ細る一方に。関節を支える筋肉の衰えが進むほど関節にもゆがみが生じ、ほかの筋肉まで動きにくくなって衰えるという悪循環を起こすのです。こうしてミトコンドリアの数は減っていきます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング