1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

日本人に多い「腸を汚す蕎麦の食べ方」、残念4大NG 「腸にいい蕎麦」も、その食べ方では効果は激減

東洋経済オンライン / 2021年7月31日 13時0分

【蕎麦と組み合わせNGの薬味】
★ファストの食品=消化管を速く通過する
→ 一味、七味、梅、ゆず

蕎麦といえば「天ぷら」との組み合わせが定番ですが、やはりこの「天ぷら」にも「NGの組み合わせ」があります。

■「天ぷら」の定番「かぼちゃ」、実はNGの食品

【組み合わせNG④】蕎麦×「ししとう・ピーマン・かぼちゃ」

「唐辛子の仲間」はすべて「ファストの食材」ですので、「アダムスキー式腸活法」では、「ししとう」や「ピーマン」の天ぷらも蕎麦との組み合わせはNGです。ちなみに蕎麦と組み合わせることはあまりありませんが「パプリカ」も「ファストの食品」に分類されています。

ほかにも、意外なところでは「かぼちゃ」も「ファストの食品」なので、「かぼちゃの天ぷら」と蕎麦はNGの組み合わせです。蕎麦と一緒に食べるときに天ぷらの具が選べるなら、「ししとう」「ピーマン」「かぼちゃ」は避けるようにしましょう。

「天ぷら」についても、「アダムスキー式腸活法」での分類をまとめてみました。

【蕎麦と組み合わせOKの天ぷら】
★スローの食品=消化管を通過するのに時間がかかる
→ 魚介類(エビ、いか、きす、穴子、ちくわなど)、肉(鶏肉など)、さつまいも、れんこん、ごぼう、とうもろこし、きのこ類(しいたけ、マイタケなど)
★ニュートラルの食品=「ファスト」とも「スロー」とも組み合わせられる
→ なす、玉ねぎ

【蕎麦と組み合わせNGの天ぷら】
★ファストの食品=消化管を速く通過する
→ ししとう、ピーマン、かぼちゃ

とはいえ、天ぷら蕎麦を頼んで「かぼちゃの天ぷら」が出てきたときなど、残してしまうのはもったいないですよね。「カレー南蛮」などのNGの組み合わせが好物だからどうしても食べたいという人もいると思います。

そんな方のために、アダムスキー博士は「実は、NGの組み合わせがもたらすダメージを緩和する方法がある」と話しています。

それは、食事の前後に「非加熱の良質な植物性オイルをスプーン1杯すすること」です。アダムスキー式腸活法では、良質な植物性オイルを非加熱で摂取すると腸の滑りをよくする効果があると考えられています。

「今日はカレー南蛮を食べたい」と思ったら、家を出る前にオイルをスプーン1杯すすってから蕎麦屋へ行くといい、というのが「アダムスキー式腸活法」の考え方です。

アダムスキー博士がおすすめしている植物性オイルは、日本のスーパーでも気軽に買える「エキストラバージンオリーブオイル」です。蕎麦との味の相性が気になる方は、「アマニ油」でもよいそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング