1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

iPhoneとPCで「安全なパスワード」を共有する技 「覚えなくてはいけない」という意識は捨てよう

東洋経済オンライン / 2021年8月24日 14時0分

iPhoneで作成したIDやパスワードをWindowsやAndroidと同期させる方法を紹介します(筆者撮影)

数多あるサイトやアプリのIDやパスワードを、1つひとつ覚えておくのは現実的ではない。サイトやアプリによって、最低限求められるIDやパスワードの仕様も異なっているうえに、利用頻度もまちまち。記憶力が相当よくても、忘れてしまうことはあるはずだ。一方で、覚えやすいからといって、同じIDやパスワードを使い回していると、1カ所からでも情報が流出してしまった際に、別のサービスでも被害にあってしまうリスクがある。

そのため、IDやパスワードはiPhoneに記憶させてしまうのが手っ取り早く、安全だ。iPhoneには、安全性の高いIDやパスワードを自動的に作成する機能も備わっている。一方で、同じサイトやアプリをパソコンやタブレットでも使いたい場合、複雑すぎるIDやパスワードだと、後で入力する際の作業が大幅に増える。特にパソコンがWindowsだったり、タブレットがAndroidだったりすると、Safariが利用できないのが難点だ。

そんなときに活用したいのが、今回紹介するテクニック。ひと手間かけるだけで、WindowsやAndroidともIDやパスワードを同期させることができるようになり、利便性が大きく上がる。iPhone側で複雑なIDやパスワードを設定しておき、それをアップル製以外のパソコンやタブレットでも使うことが可能になる。結果として、安全性も上がるため、お勧めの裏技だ。その方法を紹介していこう。

■IDやパスワードの作成はiPhoneに任せる

IDやパスワードを設定するのは、なかなか難しい。シンプルすぎると、覚えやすい半面、悪意のある第3者が簡単に突破できてしまううえに、そもそもサイトが求める要件を満たさないケースも出てくる。ある程度複雑にしたとしても、同じIDやパスワードを異なるサイトやアプリで使い回すのはリスクが高い。どこか1カ所が攻撃にあい、情報が流出してしまうと、ほかのサービスに簡単にログインされてしまうからだ。

そこで活用したいのが、iPhoneのパスワード作成機能だ。といっても、複雑な設定は不要。サイトやアプリの会員登録画面で、IDやパスワードの欄をタップすると、画面下からポップアップが表示される。ここで、「強力なパスワードを使用」をタップすると、自動的に桁数の多い複雑なパスワードが生成され、iCloudに保存される。

パスワードを確認したいときは、「設定」から「パスワード」を開き、Face IDやパスコードなどでロックを解除したあと、登録したサイトを探して確認する。ただし、iPhoneが作成したパスワードは非常に複雑なため、ユーザー自身が暗記するのには適さない。サイトごとに生成されるIDやパスワードは異なるため、iCloudに記憶させておき、自動で呼び出すのが正解だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング