1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

実践的な英会話を「一人で飽きずに」身につける技 ネイティブも実は簡単な英語を多く使っている

東洋経済オンライン / 2021年9月7日 17時0分

英会話を一人で訓練する方法について解説します(写真:Mills/PIXTA)

英語を話せるようになるためには、普段からどれだけ多く話しているかが重要になります。が、人前で英語を話すのが恥ずかしいという人は多いのではないでしょうか。相手を意識せずに、話す量を増やす方法として「ひとりごと」をオススメするのが、自身の英語学習を紹介した動画が人気を呼んでいるMiracle Vell Magic(ミラクル・ベル・マジック)氏です。ただ、ずっとひとりで話す練習をしていると、だんだん飽きてきます。では飽きずに続けるにはどうすればよいのか。Miracle Vell Magic氏が解説します。

※本稿はMiracle Vell Magic氏の新著『英語が話せる人はやっている 魔法のイングリッシュルーティン』から一部抜粋・再構成してお届けします

前回:苦手な人多い英会話「一人でうまく訓練する」コツ

■設定や場所を変えてモチベーションを保つ

前回は相手を想定せずにひとりで英語をしゃべる方法を紹介しましたが、はじめは新鮮な気持ちで続けられても、これだけだとそのうち飽きちゃいそうですよね。ひとりごと英語にとって致命的なことは「飽き」です。

いかに楽しく取り組めて自分のモチベーションをキープできるかは、そのままルーティンにできるかどうかの分かれ道。では、どうすれば飽きずにひとりごと英語を続けられるでしょう?

そこで提案したいのが、ひとりごと英語をしゃべるときの設定や場所を変えていろんな角度からしゃべってみるっていうことです。味に飽きちゃった料理にスパイスを加えて味変するみたいに、ひとりごと英語もずーっと同じ方法でやるんじゃなくて、いろんなスパイスを加えて新しいやり方を考えてみてください。

例えば、わたしが編み出した方法がこれ。「架空のネイティブの友だちをつくって、ひとりで妄想会話する」っていうことです。「会話で使う英語」をしっかりタイムで調べておけば、リアルな会話でそのまま使えるボキャブラリーが増えていきますよね。これは、かなり実践的な英会話力が育つオススメの方法です。

「妄想で会話? しかもネイティブの英語なんて難しそう」と思ったのではないでしょうか。

ひるむ必要はまったくありません。なぜって、ひとりごとだから(笑)。あくまでネイティブっぽさを意識してしゃべるだけです。

「でも、ネイティブが使う英語を知らないし……」って思うなら、まずは初対面でネイティブがどんなやりとりをするか、実際の会話でありそうな例を少し紹介したいと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング