1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

高値圏「仮想通貨」始めたい人が絶対知るべき盲点 国際金融に精通する作家・黒木亮が教える本質

東洋経済オンライン / 2021年9月17日 10時0分

ビットコインを法定通貨にしたエルサルバドルのビザハット(写真:Camilo Freedma/Bloomberg)

ビットコインが今年4月に史上最高値をつけるなど、投資家の注目を集める暗号資産(仮想通貨)。だが「仮想通貨は本質的な価値がゼロ」と言い切るのが、国際金融に精通する作家の黒木亮氏だ。経済小説『カラ売り屋vs仮想通貨』を上梓した黒木氏が、これから仮想通貨に投資する人が肝に銘じるべきポイントをレポートする。

ビットコインは、今年4月に1BTC(取引単位で1BTC=1ビットコイン)約700万円という史上最高値をつけ、その後多少下げたものの、今も約505万円という高値である。1年前に70万円、5年前は4万円程度だったことを考えると、異様な暴騰ぶりだが、近い将来、1000万円を突破する可能性も否定できない。

理由は、アメリカ民主党政権の約200兆円に上るばらまき政策による過剰流動性、新型コロナ禍の財政出動による各国の法定通貨の信頼低下、米中関係の悪化やアフガニスタンの混乱といった国際的緊張の高まりなどだ。

一方、筆者が住む英国の金融監督当局FCAは、去る6月、世界最大規模の暗号資産(仮想通貨)交換業者バイナンス(香港)の業務を全面的に禁止した。同社は日本の金融庁、シンガポール中央銀行、香港証券取引委員会、オランダ中央銀行などからも、消費者保護対策の不備や無許可営業に関して警告を受け、各国でサービス停止などに追い込まれている。バイナンスに限らず、仮想通貨取引に関する問題や詐欺は非常に多い。

■仮想通貨はパチンコ玉と同じ

そもそも仮想通貨には本質的な価値はあるのだろうか?

筆者は今般上梓した『カラ売り屋vs仮想通貨』(KADOKAWA刊)執筆のため、2年間にわたって資料を読んだり、関係者に話を聞いたりした。その結果、たどり着いた結論は、仮想通貨は「カジノのチップ」、あるいは「パチンコ玉」のようなもので、それを使って博打を張る人がいなくなれば、ゴミになるということだ。

仮想通貨が10年以上にわたってこの世に存在しているのは、パチンコ屋がこの世に存在しているのと同じで、博打を張りたい人たちがおり、博打を政府が禁止しないからだ。

なぜ本質的な価値がゼロなのか説明しよう。仮想通貨は「マイニング」によって生み出される。マイニングは、仮想通貨の売買などさまざまな取引情報(最近は不動産取引や食品の原産地・材料のトレースなど)を「ブロックチェーン」と呼ばれる分散型台帳につなぐのに必要な計算作業だ。

具体的には、それまでの取引を暗号化して新たなブロックを作り、既存のブロックにつなげるのに必要な「ナンス」と呼ばれる数値を見つけ出す作業で、何組ものマイナー(採掘業者)が競争し、最初に見つけた者に報酬として一定量の仮想通貨が与えられる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング