1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

会社の「定年延長」に安心できないこれだけの理由 「給料は高いけどねぇ…」と言われる前に考える

東洋経済オンライン / 2021年10月25日 21時0分

会社の「定年延長」に安心できないこれだけの理由

定年延長を推進する政府。一方で、企業にとって中高年の雇用は深刻な問題に……(写真:【IWJ】Image Works Japan/PIXTA)

人事コンサルタントとして、1万人以上のビジネスパーソンの昇格面接や管理職研修を行い、300社以上の企業の評価・給与・育成などの人事全般に携わってきた西尾太氏による連載。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

■定年が70歳になるのも時間の問題

2021年4月1日、高年齢者雇用安定法が改正されました。これによって「70歳までの就業機会の確保」が企業の努力義務になりました。

少子高齢化が急速に進展し人口が減少するなかで、経済社会の活力を維持するため、働く意欲がある高年齢者がその能力を十分に発揮できるよう、高年齢者が活躍できる環境の整備を目的として、「高年齢者の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)」の一部が改正され、2021年4月1日から施行されています(厚生労働省「高年齢者雇用安定法の改正〜70歳までの就業機会確保〜」より)。

この改正は、現在のところは定年の70歳への引き上げを義務づけるものではありません。厚生労働省は、「個々の労働者の多様な特性やニーズを踏まえ、70歳までの就業機会の確保について、多様な選択肢を法制上整え、事業主としていずれかの措置を制度化する努力義務を設けるものです」と説明しています。

では、「多様な選択肢」とは何かというと、次の5つです。①定年廃止、②定年を70歳に、③再雇用など70歳まで働ける制度を導入、④業務委託契約、⑤NPOなど社会貢献事業への参加支援。いずれにしても、70歳まで働けることになるわけです。

政府は、定年延長を推進しています。1990年代までは55歳だったのが、1998年には60歳になり、2013年には65歳までの継続雇用が全希望者に対して義務化されました。定年が70歳になるのも、時間の問題でしょう。

70歳まで働くことができる。働く側にしてみれば、将来の不安を解消できる吉報といえるでしょう。しかし、企業にとっては必ずしもそうではありません。

2018年頃から、大手企業では「黒字リストラ」と呼ばれる施策を導入し始めました。2019年には、キリンビール、コカ・コーラ、富士通、朝日新聞、エーザイ、協和キリンなどが、黒字経営にもかかわらず「早期退職」を実施しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング