1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「自分は平凡」と諦める人と突き抜ける人の決定差 「環境」と「自己」の受け止め方がすべてを左右する

東洋経済オンライン / 2021年10月26日 17時0分

周りからの「否定的なシグナル」を断ち切ったとしても、「自分は普通だから」「凡人だから」と、なかなか次に進めないような気持ちになることもあるかもしれません。人間の動機づけ理論について世界中で最も多くその研究が取り上げられている心理学者に、アブラハム・マズローがいます。マズローは、私たち自身が自らを平凡だと思い込み、偉大な夢を抱こうとしない姿を「ヨナコンプレックス」と呼んでいます。

聖書に登場するヨナは、重大な使命を与えようと彼を捜す神の呼びかけに恐れをなして逃げようとする気弱な商人です。このように「人間は自身の弱みと同じくらい強みも恐れる」とマズローは説明します。そのため、夢を実現することを恐れ、ただ1日1日をどうにか生きていくだけで満足してしまうというのです。マズローの説明をもう少し詳しく聞いてみましょう。

「私たちが心の奥底で恐れているのは、自分が不十分だということではない。自分に想像以上の能力があるということだ。闇ではなく、光が私たちを恐れさせているのだ。『自分は優秀で、器量もよく、才能があって、立派だ――そんなことがありうるのか?』この疑問に、私は問い返したい。実際、あなたがそうであってはならない理由がどこにあるのか?」

世界的アーティスト、スポーツ選手、ずば抜けて優秀な同僚や同級生。そんな人たちを見ながら、自分もそうなれると素直に思った人はどれだけいるでしょうか?

そう思えないのは、闇にいることにすでに慣れてしまっているからです。私たちが本当に恐れているのは、闇から抜け出た人々が明るく照らす「光」です。その光が自分の中にもあることはわかっているにもかかわらず、ただそれを恐れているにすぎません。マズローが指摘しているのもまさにその点なのです。

チョン・ジュヨン:作家

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング