1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「苦しい嫉妬の感情」をスッと消す実に簡単な方法 有名人には嫉妬しない理由を考えてみよう

東洋経済オンライン / 2021年11月23日 19時0分

有名人には嫉妬しないのに、近い人には嫉妬してしまうのはなぜでしょうか(まんが:Jam)

「私より、あの人のほうがいいのね」「みんな、偉いなぁ。なんてダメな私」と思うとき、人は嫉妬や自己嫌悪に陥るものです。どちらも苦しいもので、引きずってもいいことはありません。

人生をうまく進めていく人の共通点は、こうした自分の感情と、現実との折り合いをつけるのが、うまいこと。本気で「いい人生を送りたい」と考えたときに、自分のネガティブな感情を整理していくことは、どうしても不可欠なのです。

どんな仕事のスキルや成功哲学を学ぶより、自分の感情との付き合い方は、人生において重要なスキルといっていいでしょう。では、どうすれば感情の整理ができるのか? 『まんがでわかる 感情の整理ができる人は、うまくいく』を書いた作家の有川真由美さんと漫画家のJamさんが解説します。

■「人は人、自分は自分」を心に刻む

嫉妬は苦しいものです。うらやましさ、憎たらしさ、妬ましさ、敗北感、惨めさ、不安などが入り混じったモヤモヤした感覚。それがだんだん強くなっていくと、憎悪や恨みに変わることもあります。

たとえば、自分がこれまで仕切っていた仕事を、新人と分けることになったとします。この新人の仕事ぶりが、社内でなかなかの高評価。みんなが新人をほめると、「なによ。大したことないじゃないの」と、嫉妬心がわくかもしれません。これ以上、私の仕事をとられては困ると、仕事を教えなかったりミスを責めたり、「ちゃんとマナーを教わってこなかったのかしら」などと、別な部分で嫌味を言ったり。

嫉妬は、自分が欲しいものをもっている人に対して、「私より○○さんのほうがいいのね」と快く思わない攻撃的な感情や、落ち込んだ感情です。

嫉妬心は、いろいろなところで芽生えます。才能、容姿、若さ、お金、役職、健康、学歴、恋人や夫の資質、愛されていること、認められていることなどなど、キリがありません。世の中では嫉妬の感情が渦巻いて、どれだけ足を引っ張り合っていることか……。

でも、嫉妬の感情はわりと簡単に解決できます。

「人は人、自分は自分」

これさえ、日ごろから心に刻んでおけばいいのです。人と自分を比べなければ、嫉妬をすることもありません。もし嫉妬の感情がわいてきたとしても、「自分には自分の道がある」と自分を認めることができれば、嫉妬心を撃退することもできるでしょう。

一点だけを見て人と比べるのは、短絡的な考え。才能で嫉妬したとしても、自分には別の才能があるかもしれない。相手がもっていない多くのものをもっているはずです。人間の価値なんて、測れるものじゃない。一点だけで、「勝った、負けた」と感情的になるなんて愚かなことでしょう?

■嫉妬をしないラクな関係を目指そう

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください