1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

経験者が激白!流行する「ギグワーク」過酷な末路 若者たちはどうしてのめり込んでしまうのか

東洋経済オンライン / 2021年11月30日 7時40分

ところがその数日後、プラットフォーム会社から男性に、「出店の継続について審議するべく掲載停止にする」とのメールが届き、一方的に男性の個別ページの掲載が停止された。

その後、審議の結果はいつわかるのかなど、何度も連絡を取ろうとしたが、プラットフォーム会社からの返信はいっさいなかった。

「停止されて収入が途絶えたのは、ちょうど新型コロナウイルス蔓延の第一波の時で、血も涙もないと痛感しました。職人の世界では、たとえ元請け、下請けの関係であっても両者には一定の緊張関係があります。でもこうしたプラットフォーム会社には、自らが一方的に支配できる上下の関係しかありえないのでしょう」

この男性のように個人事業主、フリーランスなどと呼ばれ、請負や委託の契約による「個人請負」で働く人は近年急増しており、全就業者の5%~7%にあたると言われている。

その業種は多種多様だが、上記のようなインターネットのプラットフォームを介してやり取りされる単発仕事の「ギグワーク」はその典型だ。コロナ禍の中で目下活況を呈している「ウーバーイーツ」はギグワークの代表例といえる。

単発の仕事といっても、上記の男性のようにほぼ1社専属で働いている人も少なくないが、個人事業主という建付け上、労働基準法などの労働法規はいっさい適用されない。男性が労基法の適用される労働者だったら、仮に上記のようなツイートを理由に解雇されても、裁判上で争えば解雇権の濫用と認定されるだろうが、個人請負だとそうした保護もない。

保護がないばかりか、男性はランキングを上げるために、プラットフォーム会社が行うセミナーにお金を払って参加していた。個人請負からセミナーや研修と称して、金銭を徴収する業界はほかにもある。

■声を上げたら、担当クラスを打ち切られた

「お金を払った者にだけ仕事を与える制度はおかしいと声を上げたら、担当クラスを打ち切られました」

大手のヨガスタジオでインストラクターとして働く女性はそう話す。同社で働くインストラクターの多くは個人請負だが、ある時から彼女らに対しても同社の有料講習制度や有料認定制度を強制するようになった。

「従来どおりの仕事を続けたかったら、会社にお金を払ってね、ということです」(女性)

これに反発したインストラクターたちは、契約上では個人請負だが、実態は一年契約を継続的に更新し、時間や場所、マニュアル等での指揮命令も受けており労働者に当たるとして、労組を結成し団体交渉を行ってきた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング