1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

新型ノア&ヴォクシー、買うならどのグレード? トヨタの人気ミニバン、オプション選びが重要

東洋経済オンライン / 2022年5月14日 7時30分

2022年1月13日にフルモデルチェンジを発表した新型ノア&ヴォクシー(写真:トヨタ自動車)

今年1月にフルモデルチェンジを果たし、4代目に進化したトヨタの大人気ミニバンである「ノア」と「ヴォクシー」。トヨタディーラーで全車種取り扱いがスタートしたこともあってか、先代まで存在していた「エスクァイア」は消滅してしまったが、ノアとヴォクシーはそれぞれ生き残ることとなった。

発表するや否や注文が殺到し、昨今の世界情勢なども相まって、すでに納期が1年以上というグレードも存在しているほどの人気車種となっているのはさすがといったところ。

では、そんな人気沸騰のノアとヴォクシー、購入するならどんな仕様を選べばいいのだろうか?

ノアとヴォクシーどちらを選ぶ?

そんなノアとヴォクシーだが、前述したようにどちらも同じディーラーで販売ができるようになったことで、ノアとヴォクシーどちらを選べばいいかで悩む人もいるかもしれない。以前であればノアはカローラ店、ヴォクシーはネッツ店のような違いもあり、必然的に付き合いのある店舗や近くの店舗で購入する場合、どちらかに限定された。それが取扱店舗の垣根がなくなり、ユーザーにとっては選択肢が増えたわけだ。

ただ、ノアとヴォクシーは、新型でも兄弟車という関係性に変わりはなく、基本的なプラットフォームやパワートレイン、ボディサイズにいたるまで両車は共通となっている。では、なにが違っているのかというと、それは内外装のデザインとグレード展開だ。

ノアのほうは、どちらかというと従来型を踏襲したスタンダードなデザインとなっており、グレードも従来型と同様にエアロ系のグレードと標準系のグレードが用意されている。

一方のヴォクシーは、先代よりも先鋭的なデザインを纏っており、グレードもエアロ系のみで標準系のグレードは用意されていないという点が大きな違いとなる。

同等グレードで比較すると、より凝ったデザインを採用しているヴォクシーのほうが5万~7万円高くなっており、ノアの非エアロ系グレードであればさらに7万~8万円安くなるので、価格重視であれば、ノアのほうが買い得となるだろう。

また、ボディカラーと内装色のラインナップにも違いがあり、ヴォクシーには今流行のソリッドグレー調の「マッシブグレー」が設定される一方で、ノアにはミニバンでは珍しい「レッドマイカメタリック」と落ち着いた雰囲気の「スティールブロンドメタリック」が専用色として用意される。

内装は、ヴォクシーがブラック系のみとなるのに対し、ノアの非エアロ系ではブラックのほかブラウン(Xグレード)とフロマージュ(Gグレード)を選ぶことができるという点も小さくない違いと言えそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください