【衝撃】絶対知っておくべき「野菜」の秘密12連発 / これでみんなも野菜博士!

トリビアニュース / 2017年4月20日 6時0分

【衝撃】絶対知っておくべき「野菜」の秘密12連発 / これでみんなも野菜博士!

私たちの食生活で欠かすことができない野菜。好き嫌いのある人は多いですが、栄養のバランスを考えると野菜をしっかり摂取するのはとても大切なことですよね。

野菜の知識を深めよう
野菜は食生活で欠かすことができないものだからこそ、もっと野菜についての知識を深めても良いのではないでしょうか。というわけで今回は野菜にまつわる雑学や豆知識などで選りすぐりのものをご紹介します。野菜の詳しい知識を身につけて、もっと美味しく、もっとヘルシーに野菜を摂取していきましょう!

知っておいて損はない「野菜」のトリビア12連発

1. レタスを美味しく食べる方法
サラダには欠かせないレタスですが、切り方ひとつで食感を見違えるほどシャキシャキにすることができます。まず、切ったレタスを冷水で冷やすというのは間違いで、水の中にレタスの栄養素も溶け出てしまいます。必要な枚数だけレタスを株本からちぎって洗い、冷蔵庫でギリギリまで冷やし、食べる直前に手でちぎって食べると食感がまるで違うのです。

2. ゴボウの皮は剥かない方が良い
ゴボウの皮には中心部の約2倍のポリフェノールが含まれているうえに、実は旨味成分も皮の方が含まれているのです。泥だけをしっかり落とし、なおかつ水でさらさずにレンジでの加熱でアク抜きをすると栄養が残りやすいのだとか。

3. トマトには毒がある
実はトマトには毒の成分が含まれています。それは「トマチン」という成分で、一度に大量摂取してしまうと人体にも悪影響があり、腹痛や下痢を引き起こすことがあるのだとか。ただし、熟したトマトに含まれるのはごく微量で、普通に食べる分にはまったく気にしないでいいそうです。


4. タマネギを切っても泣かない方法
タマネギを切るとその刺激によって涙が出てきてしまいますよね。実はこれ、簡単に防ぐことができます。タマネギを切る1時間ほど前から冷蔵庫で冷やしておいたり、逆に皮をむく前に20秒ほどレンジで加熱してから切ると、涙を誘発する成分を気化させることができ、涙が出にくくなるのです。

5. レタスには安眠効果がある
レタスを切ると白く濁った液体が出るのをご存知でしょうか。この液体にはラクッコピコリンという眠気を誘う成分が含まれているため、レタスを食べることで安眠効果を得られると言われているのです。眠れずに悩んでいる人は、寝る前にレタスを食べてみてはいかがでしょうか?

6. トマトはかつて観賞用だった
豊富な栄養が含まれていて、さまざまな料理にも活用されるトマトですが、コロンブスが新大陸上陸後の初期に伝わった国では、なんとトマトは観賞用の植物として育てられていました。


7. ピーマン・パプリカ・唐辛子の違い
それぞれ同じような形をしているピーマン、パプリカ、唐辛子ですが、実は明確な線引きはありません。極端な話、どれもピーマンでもあり、パプリカでもあり、唐辛子でもあるのです。日本では辛味が強いものを唐辛子と分類し、弱いものをピーマンとしていますが、他国ではパプリカとピーマンを同列に扱う国などもあります。

8. ブロッコリーにも和名がある
ほとんどなじみはありませんが、ブロッコリーにも和名(日本名)があるのをご存知でしょうか。その名前は「緑花椰菜(みどりはなやさい、芽花野菜とも)」と言うのですが、あまりにもブロッコリーという言葉の方が知られているため、スーパーなどで「緑花椰菜ください」と言ってもおそらく通じないでしょう。


9. カリフラワーはブロッコリーの突然変異
カリフラワーとブロッコリーは食感や形状がよく似ていますが、もともとカリフラワーはブロッコリーが突然変異して誕生したと言われています。

10. キュウリの90%は水分
食べると体を冷やす作用があると言われているキュウリですが、その成分の90%は水分なのです。それだけ水分が多いのであれば、食べたら体が冷えるというのにも納得ですね。

11. カボチャはカンボジアが語源
カボチャは国外から渡来した野菜として知られています。どのように伝えられたかは諸説がありますが、カンボジアから持ち込まれ、カンボジアという単語がなまって「カボチャ」となって広まったという説が強いようです。

12. フルーツ並みに甘いトマトが存在する
まるでフルーツ! と思えるほど甘いトマトが存在します。その名は「アメーラ」。あまりにも甘すぎて、フルーツがわりに食べたくなるほど美味。トマトは酸味が強すぎて苦手という人も、アメーラならば問題なく美味しく食べられるかもしれませんね。

野菜を美味しく食べよう!

以上、野菜にまつわる雑学を12連発で紹介しました。野菜は調理法や保存方法によって、味や栄養素が大きく変わってくるものが多いです。

せっかく食べるなら正しい知識を身につけて、少しでも美味しくヘルシーに食べたいものですよね。現在はインターネットで簡単に検索ができるので、普段よく食べる野菜や、あまり上手に調理できない野菜などについて一度調べてみると、新たな発見ができるかもしれませんよ。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング