1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ジャスダック上場のテラと提携していたCENEGENICS JAPAN(株)が破産開始決定

東京商工リサーチ / 2021年9月8日 11時35分

CENEGENICS JAPANが入居していたビル

 CENEGENICS JAPAN(株)(TSR企業コード:134023846、法人番号:5010001208537、千代田区丸の内1-11-1、設立2020(令和2)年3月23日)は9月6日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には伊藤信彦弁護士(光和総合法律事務所、港区赤坂4-7-15、電話03-5562-2566)が選任された。
 負債は現在調査中。

 遺伝子・細胞・組織などの先端医療支援事業を目的に設立し2020年4月、ジャスダック上場のテラ(株)(TSR企業コード:296045896、法人番号:4010001132341、新宿区)と業務提携した。当社の当時の代表はテラの取締役監査等委員と密接な関係で、テラと新型コロナに対する間葉系幹細胞を用いた治療法の開発に関する共同研究契約を締結し、治療薬の早期開発を目指すと発表していた。この発表後、テラの株価が高騰し、話題となっていた。また同年10月、テラは当社を割当先とする第三者割当増資による新株発行で35億7435万円を調達すると発表するなど、テラとの関係を強めていた。
 しかし、第三者割当増資を巡り、テラは当社に対し違約金請求権10億円を請求するなどトラブルに発展。さらに2021年3月、テラや当社などに金融商品取引法違反の疑いで強制調査を受け、信用が失墜していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング