1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

会員など債権者が破産申し立て、(株)長泉ガーデンほか1社が破産開始決定

東京商工リサーチ / 2021年10月27日 19時0分

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)長泉ガーデン(TSR企業コード:442061595、法人番号:2010401085587、駿東郡長泉町東野646、登記上:東京都港区六本木4-8-7、設立1999(平成11)年11月、資本金1億円、古矢誠一郎社長)と、関連の長田事業(株)(TSR企業コード:295794828、法人番号:7080101016096、同所、登記上:同所、設立2003(平成15)年9月、資本金1000万円、同社長)は3月10日、債権者から静岡地裁沼津支部へ破産を申し立てられ10月22日、破産開始決定を受けた。破産管財人には近藤浩志弁護士(あさひ総合法律事務所、沼津市御幸町17-10、電話055-931-0505)が選任された。
 負債は、長泉ガーデンが債権者約30名に対して約75億円、長田事業が債権者約30名に対して約112億円で、2社合計約187億円。

 長泉ガーデンは会員制のリゾートホテル「ホテル長泉ガーデン」の経営を手掛け、長田事業は「ホテル長泉ガーデン」の建築の施主だったほか、会員権の販売などを行っていた。しかし、建設費の支払遅延が発生するなど当初より資金面での問題が生じていた。
 近年では会員とのトラブルが発生するなか、関連の(株)AWH(旧:(株)淡島ホテル、TSR企業コード:440154561、法人番号:8080101000116、沼津市)は2019年7月に債権者より破産を申し立てられ同年12月20日、静岡地裁沼津支部から破産開始決定を受けた。
 ホテル会員権や貸付金、預託金などの債権者が結成した「債権者の会」が、会員の権利・金銭問題の解決のほか、グループ内での資産流出の抑止策として破産を申し立てていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング