1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

破産したファーストキャビンの持株会社が特別清算を申請

東京商工リサーチ / 2022年1月5日 16時25分

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)亜細亜管財(旧商号:(株)プランテックアソシエイツ、TSR企業コード:296505617、法人番号:5010001095224、千代田区紀尾井町3-6、設立2005(平成17)年9月、資本金3000万100円、代表清算人:岸田登氏)は11月24日、東京地裁へ特別清算を申請した。
 負債総額は約50億円(2021年3月期決算時点)。

 著名な建築家の大江匡氏によって創業された一級建築士事務所(株)プランテック総合計画事務所(TSR企業コード:295150645、法人番号:8010001028370、千代田区)を中心としたプランテックグループの純粋持株会社として、(株)プランテックアソシエイツの商号で設立された。グループ会社の経営企画や管理業務などを担い、事業多角化によるグループの拡大により年間売上高は増収基調で推移し、2020年3月期にはピークとなる売上高11億3955万円を計上した。
 しかし、2020年1月に前代表の大江氏が急逝したうえ、「新型コロナウイルス」感染拡大により、グループ会社でカプセルホテルの運営を手掛けていた(株)ファーストキャビン(TSR企業コード:298123460、法人番号:1010001101241、千代田区)が2020年4月、東京地裁より破産開始決定を受けるなど事業環境が急速に悪化した。
 以降、グループ会社の組織再編を進めて2020年12月1日、新会社(株)プランテック(TSR企業コード:137506490、法人番号:7010001214194、千代田区)を設立、2021年6月1日付で事業をプランテックに譲渡したうえで当社は同年10月29日、現商号に変更し同日、株主総会の決議により解散していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください