「たくさんの女性アスリートが活躍する今の状況が、感慨深く感じられるようになりました」杉咲花(シマ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

エンタメOVO / 2019年5月26日 20時50分

シマ役の杉咲花

 日本が2度目のオリンピック出場を果たした大正9(1920)年。国内では、着実にスポーツが根づいていく。その一方、まだまだ理解が得られているとは言いがたいのが、女子のスポーツ。そんな中、金栗四三(中村勘九郎)や三島弥彦(生田斗真)と身近に接してスポーツに憧れたシマは、三島家の女中を辞め、東京女子高等師範学校に進学、たった一人でひそかにランニングを続けるが…。日本の女子スポーツの先駆者となるシマを演じる杉咲花が、撮影の舞台裏、今後の見どころなどを語ってくれた。

-出演が決まったときの感想は?

 ものすごくうれしかったです。「あまちゃん」(13)が大好きなので、宮藤官九郎さんの脚本で「あまちゃん」のチームが大河ドラマをやるというニュースを聞いたときから「出たい」と思っていました。なので、決まったときは「私も出られる!」と大喜びしました(笑)。

-実際に宮藤さんの脚本で演じてみた感想は?

 あまりに面白くて、台本を読んでいると、声を出して笑ってしまうほどです。でも、自分が演じることを考えると、「この面白さを見ている方にきちんと伝えられるだろうか?」と怖くなります。それぐらい面白いです。こんな気持ちになったのは初めてなので、毎回緊張します。

-役作りはどのように?

 シマは架空の人物なので、参考になる資料は多くありません。その代わり、役をつかむ上で役立ったのは、初めて撮影に参加した三島家のパーティーの場面(第1回)です。嘉納(治五郎/役所広司)先生に水がかかるシーンなどを演じているうちに、「意外におてんばだな」と感じて…。監督から「もっと自由に演じていい」と言われたので、天狗倶楽部のポーズをまねたりもしてみました。そのときは一気に長回しで撮っていたので、自分が撮られていることに気付きませんでしたが、完成した映像を見たら、それが使われていて…。そういうところから、徐々にキャラクターが出来上がっていった感じです。

-シマは走る場面もありますが、トレーニングはいかがでしたか。

 先生に教わってやりましたが、普段の走り方とはまったく動作が違うので、大変でした。ものすごい筋肉痛になりました(笑)。四三さんと同じ「スッスッ、ハッハッ」という呼吸法も、慣れないので難しかったです。

-シマの生き方に大きな影響を与える三島弥彦役の生田斗真さんと共演した感想は?

 生田さんとの場面はまとめて撮影したので、実はご一緒した日数はそれほど多くありません。私も緊張していて、あまりお話しもできませんでしたし…。ただ、一度だけものすごく撮影に時間がかかったことがあり、終わった後に「お互い、よく乗り越えた!」という感じで力強く握手をしてくださったんです。言葉以上に通じ合えた気がして、とてもうれしかったです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング