「たくさんの女性アスリートが活躍する今の状況が、感慨深く感じられるようになりました」杉咲花(シマ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

エンタメOVO / 2019年5月26日 20時50分

-四三役の中村勘九郎さんの印象は?

 本番になると、完全に四三さんにしか見えません。役に成り切ったその様子を見ていると、「私はきちんとシマになっているのだろうか…?」と自分を疑ってしまうぐらいです。勘九郎さん自身はとても優しい方です。初めてご一緒したときは、放送中だった私の連ドラを見てくださっていたので、うれしかったです。撮影で忙しい中、気を使っていただいて…。

-序盤は熱い男性たちが数多く登場しましたが、最近は女性も増えて、雰囲気が大分変わってきましたね。

 とても華やかになりました。それぞれ力強くて頑固なところがある女性たちなので、おしとやかな雰囲気もありつつ、これから一筋縄ではいかない険しい道のりを乗り越えていくことになるんだろうな…と。みんなが集まった場面では、そんなことを感じました。現場的にも、最初の頃は女性が少なくて緊張しましたが、同年代の方や共演経験のある方が増えてきたので、私もリラックスできるようになり、ホッとしています(笑)。

-シマは今後、教師になって後進の指導に当たるようですが、演じてみた感想は?

 ものすごくドキドキしました。教師役は初めての上に、生徒役の中には年上の方もいたので、私の方が子どもに見えないかと心配で…(笑)。ただ、気にし過ぎてそういう不安が表に出てはいけないので、一緒にいる勘九郎さんの姿を参考に、自信を持って演じるように心掛けました。

-シマは三島家の女中から始まり、スポーツを志して進学、やがて教師になり、結婚…と劇中で年齢を重ねて大きく人生が動いていきます。幅広い年代を演じる感想は?

 難しいです。初めは、どこまで演じるのか分からなかったので、女中だった10代の頃のことしか考えていませんでした。最後まで演じると分かってからは、やや声を低くするように心掛けたりしていますが…。自分より下の年齢は経験しているので分かりますが、その先は想像するしかないので、周囲の年上の方の姿を参考に、手探りで演じているところです。

-女性アスリートが多数活躍する現代とは異なる当時の女性を演じてみて、改めて発見したことは?

 発見することばかりです。シマを演じるようになってから、たくさんの女性アスリートが活躍する今の状況が、とても感慨深く感じられるようになりました。これがシマの願っていたことなんだな…と。私も子どもの頃は、テニスや水泳、乗馬などを習っていました。最近では、テレビをつけたときにスポーツ中継をやっていると、無意識に見るようになってしまいました(笑)。

-今後の見どころを。

 シマはこれから、やりたかったことを少しずつ実現していくようになります。他の登場人物たちも、やりたいことをどんどん口にするようになり、さらにバイタリティーのある物語になっていきます。見ているだけでパワーをもらえて、「明日も頑張ろう」と思える作品になっているので、ぜひたくさんの方にご覧いただきたいです。

(取材・文/井上健一)


シマ役の杉咲花

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング