西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「ショーを見守る側になりたい」

エンタメOVO / 2019年5月25日 14時32分

 黒のスーツで登場した西島秀俊

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。

 黒のスーツで登場した西島は、ファッションのポイントについて「アルマーニさんの服は華やかな部分がたくさんあるんですけど、個人的にダークスーツが好きなので、その中でも色のトーンが落ち着いた服を着させてもらっています」と語った。

 続けて「とにかく日本でショーが開催されるということで楽しみです。熱気を感じていて、興奮してわくわくしています」とショーを前にした心境を明かした。

 一方、スーツにちょうネクタイというスタイルで登場した斎藤は、ファッションのポイントについて「僕は体形ががっしりしているので、スキニーなものが合わせづらいんですけれど、緩やかで気安くて、リラックスしています」と語った。

 「アルマーニのファッションショーの舞台に立ちたい?」と質問されると、斎藤は「もうそういう舞台からは引退したつもりなので、見守る側になりたいなと思います。でも、ユマ・サーマンさんと安藤忠雄さんと同じ場所に立つ日がくるとは思っていませんでした」と心境を明かした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング