【インタビュー】『泣くな赤鬼』柳楽優弥「十代の頃を思い出し、ものすごく共感しました」川栄李奈「柳楽さんとようやく、きちんとした夫婦を演じることができました」

エンタメOVO / 2019年6月12日 12時0分

柳楽優弥(左)と川栄李奈

 ベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の同名小説を映画化した『泣くな赤鬼』が、6月14日から全国公開となる。本作は、1人の高校教師とその教え子の再会を描いたヒューマンドラマだ。かつて甲子園出場を目指し、その熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれながらも、今は情熱を失いかけた高校教師・小渕隆(堤真一)は、ある日、一人の教え子と再会する。それは、野球の素質に恵まれながらも、挫折して高校を中退した“ゴルゴ”こと斎藤智之だった。立派に成長し、家族を持ったゴルゴの姿に安堵(あんど)する赤鬼。だが、ゴルゴの体は不治の病に侵されていた…。ゴルゴ役の柳楽優弥、その妻・雪乃を演じた川栄李奈に、撮影の舞台裏、作品を通じて感じたことなどを聞いた。

-夫婦役で共演が決まったときの感想は?

柳楽 うれしかったです。以前、テレビドラマで夫婦役をやったことがあり、今回が2回目。川栄さんは親しみやすい方ですし、ワンクール一緒にやって、気心も知れていたので。とてもやりやすかったです。

川栄 私は人見知りなので、初対面の方と距離を詰めることが苦手なんです。だから、共演したことがある柳楽さんとの夫婦役は、うれしかったです。しかも、前回は最後に夫婦になったので、その後は描かれていません。今回ようやく、きちんとした夫婦を演じることができました。

-共演する中で、お互いに助けられた部分は?

柳楽 川栄さんは、赤ちゃんの扱い方がものすごく上手。赤ちゃんがずっと泣いていたら、普通は心が折れそうになるんですが、まったく折れない(笑)。「大丈夫だよ」と言いながら、ずっとあやしている。撮影ではつらい気持ちになることも多かったのですが、そういう川栄さんの姿を見ていたら、僕も落ち着くことができました。

川栄 今回は堤真一さんやキムラ緑子(ゴルゴの母・智美役)さんなど、そうそうたる先輩方に囲まれてお芝居をするので、緊張していました。でも、柳楽さんがお芝居だけでなく、空気感的にも引っ張ってくださったおかげで、とても居心地がよかったです。

-赤鬼先生役の堤真一さんと共演した感想は?

柳楽 最高です(笑)。堤さんはみんなが緊張し過ぎない空気を作ってくださって、堤さん自身もそれを楽しんでいる雰囲気がありました。たくさんいる高校球児役の人たちを食事に誘うなど、とてもいい現場にしてくれました。

川栄 堤さんのサバサバした感じがすごく良かったです。病院で撮影する場面もあり、緊張するシーンも多かったのですが、たわいない話でみんなを和ませてくれたり…。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング