【インタビュー】「S.W.A.T.シーズン2」相葉裕樹 ド派手なアクション海外ドラマに「ジムが何をしでかすか分からないワクワク感も楽しみ」

エンタメOVO / 2019年6月19日 12時0分

相葉裕樹(スタイリスト:小田優士、ヘアメーク:福岡亜樹)

 1970年代の人気TVシリーズ「特別狙撃隊 S.W.A.T.」のリブート版となる海外ドラマ「S.W.A.T.」。米ロサンゼルスを舞台に、多発する凶悪事件に果敢に立ち向かう精鋭S.W.A.T.チームの活躍を描く全米大人気のアクション超大作だ。そのシーズン2がスーパー!ドラマTVで6月28日(金)から独占日本初放送される。今回は、S.W.A.T.チームのメンバーの一人であるジム・ストリートの吹き替えを担当している相葉裕樹に、作品の魅力や、シーズン2の見どころなどを聞いた。

-シーズン1では海外ドラマの吹き替え初挑戦でしたが、シーズン2の吹き替えに臨む今の心境は?

 シーズン2が始まってくれて、本当にありがたいです(笑)。また挑戦させていただけるんだという気持ちが強いです。シーズン1では、ようやくジムというキャラクターに慣れてきたところで終わってしまったので、シーズン2ではもっといろいろなことを学びながら演じたいです。

-吹き替えをしてみて、どんなことを感じましたか。

 今まで声優としてはアニメはやらせていただいているのですが、僕の声質が海外ドラマにハマるのか最初はすごく不安だったんですけど、なんとか周りのキャストの皆さんに寄せるということで切り抜けてきました。収録初日はずっとドキドキでした。試行錯誤の繰り返しでシーズン1の3話ぐらいまでのジムの声を聴くと、やっぱり探っているのかなっていう感じはすごくしますし、後半になるにつれて、ちょっとなじんできたかなとは思います(笑)。

-本作の魅力を教えてください。

 ド派手なアクションはもちろんですけど、それぞれの人間ドラマや人間模様が本当に細かくリアルに描かれている点です。それに1話完結型で、起承転結がとても見やすい作りになっています。それと、本作はジム自身の成長物語でもあります。無鉄砲で未熟な部分が多いんですけど、才能もあるし、愛嬌(あいきょう)があって人に嫌われない魅力があるんです。ジムが何をしでかすか分からないワクワク感も楽しみだと思います。

-ジムに共感できる面はありますか。

 たくさんあります。先を考えずに行動してしまうとか、自分を誇示するために強気で無鉄砲に出てしまう部分というのは理解できます。若いときに人にかみついたりすることは誰にでもあったと思うんですけど、ジムもいろんな人にかみついて未熟なままなんです。本質としてそういう部分があるということに関しては理解できます。ジムのお母さんはずっと監獄の中にいたこともあって、彼は素直ではあるんですけど、愛情を注がれて育っていないのでゆがみはするだろうなということも理解できます。でも、ジムというのは感情移入をしやすいキャラクターなんです。それに、未熟な部分がちょっとかわいかったり、ちょっとワクワクしたりして、応援したくなるキャラクターでもあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング