【インタビュー】「おかあさんといっしょ」卒業インタビュー「“子ども”ではなく初めて出会った人とどう楽しむか」(小林よしひさ)、「子どもたちと一緒に遊べた7年間、幸せだった」(上原りさ)

エンタメOVO / 2019年6月19日 13時35分

上原りさ(左)と小林よしひさ

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の、第11代たいそうのお兄さん(2005年4月~2019年3月)・小林よしひささんと、身体表現「パント!」のお姉さん(2012年4月~2019年3月)・上原りささんが、今年3月、そろって卒業した。それぞれ14年間と7年間努めたお兄さんやお姉さんという仕事への思い、子どもたちとの時間、健康維持などについて、話を聞いた。

―戸惑いや悩みも少なくない小さな子どもの子育て。わが子が番組を見ながら身体を動かしている様子に励まされるなど、お兄さんやお姉さんは、親たちにとっても大きな存在であったのでは?

よしお兄さん(よしひさ) これまでも番組を見ている親子が声を掛けてくださることは時折ありましたが、今回卒業というタイミングで、「14年間助けていただきました」などとたくさんのお声をいただきました。うれしさの反面、「本当に大丈夫だったのかな? 助けることができていたのかな?」と反省の思いもありました。今後も体操を通じた活動で、皆さんの助けになれるよう頑張っていきたいなあと思っています。

りさお姉さん(りさ) 私もよくお手紙を頂くのですが、「パントの影響でお手伝いをしてくれるようになったんです」「助けになりました」「元気になりました!」と言っていただいたことがすごく励みやパワーになり、それが番組の方でも出たと思っています。

―お2人同時のご卒業。率直なご感想は?

よしひさ 14年の長きにわたってやらせていただいたので、やりきれたなあという思いが一番最初に来ました。風邪をひいて収録に穴を開けるということもなかったですし、「やりきれた自分をほめてあげたい」というようなホッとした感情が大きかったですね。

りさ 番組から卒業すると、子どもと関わることが本当になくて。あんなにたくさんの子どもたちに囲まれて一緒に遊べた7年間は楽しかったなあって。幸せな世界にいられたんだな、そこに7年間もいさせてもらえたんだなってことにありがたさを感じましたね。本当に、「幸せな時間をありがとうございました」という気持ちです。

―たくさんの子どもと向き合う時間、大変だったこともありますか?

よしひさ たいそうのお兄さんになる前にも、もちろん子どもの指導をしたことはあったんですが、こんなに毎日、必ず新しい子が来る。毎回いろんなことがあるんです。最初のうちはすごく考えて考えてやっていたんですが、ある日、俯瞰で見られる瞬間があったんです。接する子どもたちは、3歳~4歳ぐらいなんですが、もう、大人と一緒だなあと。子どもとして接するというより、1人1人との人間関係なんだと。子どもをどうするかではなく、初めて出会った人とどう楽しむか、という感覚に変わっていったら、楽になりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング