「人見絹枝さんの思いを、次の世代の子どもたちに伝えたい」菅原小春(人見絹枝)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

エンタメOVO / 2019年7月7日 20時50分

人見絹枝役の菅原小春

 金栗四三(中村勘九郎)が日本人として初めて出場したストックホルムから16年。1928(昭和3)年のアムステルダムオリンピックで、ついに日本初の金メダルを獲得する。この大会で選手たちの奮起を促したのが、日本人女性初のオリンピック選手・人見絹枝の800メートル走銀メダルだった。第26回で描かれた彼女の物語に、心動かされた視聴者も多いに違いない。演じたのは、ダンサーとして世界的に活躍する菅原小春。初めて演技に挑戦した感想、人見絹枝役に込めた思いなどを聞いた。

-第26回、絹枝が銀メダルを取る800メートル走の場面は素晴らしかったです。ご自身でご覧になった感想は?

 すごい…としか言えません。私自身、まだ冷静に見られる状態ではなく、何と言ったらいいのか分かりませんが、全身の毛穴が開いて、大きな波に自分の感情を全部持っていかれたような感覚になりました。

-その前、絹枝が「800メートル走に出場させてほしい」と泣きながら訴える場面では、菅原さん自身の気持ちが表れていたように感じました。

 私にはお芝居の知識がないので、演技を作り込むようなことはできません。ただ、人見さんや(彼女に陸上を勧めてくれた)シマ(杉咲花)さん、その他いろんなことを考えたら、ああなっていました。だから多分、私は普段からあんなふうに泣いているんだと思います(笑)。

-人見絹枝役を演じる上で、どんな準備をしましたか。

 資料は読まないようにしました。人見さんの写真を見たとき、その顔から、ただ走るのが早いだけの人とは違う、魂を燃やして生きてきた人ならではのすごみが伝わってきたんです。それを一瞬で感じさせるようなすさまじい人だったんだ…と。そう考えたら、誰かが書いたものを読んで情報を得るのではなく、三段跳びや走り幅跳びなど、残っている人見さんの映像を見て、そこから自分が得たインスピレーションで演じたいと思いました。
 撮影後に、岡山で人見さんの親族の方にお会いし、お話を伺ってきました。写真を撮ることが好きだったそうで、シンガポールなどいろいろな場所に遠征に行ったときの写真を貼ったノートも見せていただきました。そこに書き込まれた言葉にはユーモアがあふれている上に、文字もチャーミング。とても女性らしい方ですが、言葉の端々から内に秘めた燃える思いが伝わってきました。

-お芝居の中で、ダンスの経験が生きた部分は?

 人見さんの頃は、トレーナーなんていないし、今のようにきちんとした走り方や投げ方もなく、みんなで試行錯誤しながらやっていたはずです。だから、演じる上では気持ちを優先しようと。ダンスのときは、私もどちらかというとテクニックより魂が先行することが多いので、そういう意味では、ダンスに近い感覚で演じることができました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング