【インタビュー】映画『二ノ国』日野晃博「今回だけは映画のために映画を作る」スタジオジブリの遺伝子を持つ青春×ファンタジー超大作

エンタメOVO / 2019年7月29日 12時0分

レベルファイブ代表の日野晃博

 「レイトン」シリーズや「妖怪ウォッチ」などの大人気シリーズを生み出した日野晃博が、スタジオジブリとの協力で生み出したゲーム「二ノ国」シリーズ。ゲーム版同様に、監督・百瀬義行と音楽・久石譲という日本を代表するドリームメーカーが集結し、青春×ファンタジー超大作としてついに映画化され、8月23日から公開される。製作総指揮/原案・脚本を務めるレベルファイブ代表の日野に、映画製作の経緯や見どころなどを聞いた。

-ゲーム版は2010年から発売されていますが、映画版を作ろうと考えたきっかけは?

 もともとスタジオジブリさんとゲームを一緒に作るということで、ゲームだけではなくて、映画もやりたいというのは最初の段階からありました。ただ、やっぱりジブリさんが相手ということで、簡単に映画を作れるわけがないというのもあって、もう諦めかけていたんです。でも、2017年ぐらいにワーナー・ブラザースさんから「二ノ国」は映画の題材としてもってこいであると、映画にしたいという強いオファーを頂きまして、真剣に考え始めたんです。

-映画の製作開始から、完成までを振り返ってみての感想は?

 本作は、今までのレベルファイブの作ってきた映画とは違うパターンなんです。今まで僕らは、ゲームや商品と連動してコンテンツを広めるために、映画やテレビアニメを作ってきていて、クロスメディアのコンテンツの要素の一つだったんですね 。だけど、今回だけは映画のために映画を作るというか、「二ノ国」という僕らが作ったコンテンツではあるんですけど、今回は何とも連動しておらず、純粋にいい映画を作ろうということだったんです。だから、内容は他のメディアと絡んでいません。そういう意味では、今までにないパターンのアプローチで、映画を作るとはこういうことなのかと感じながらの製作でした。

-ゲームと映画の脚本の考え方で意識することは?

 お話作りは基本的にどっちの場合であっても、純粋に面白いものを作りたいと思って考えるので違いはありません。ただ、一つだけ違うのはスケジュールの部分です。僕らは毎年ずっと年末に映画を上映しているんですけど、いつまでにシナリオを上げて、いつまでにコンテを上げてというプロセスの中でやるので、シナリオが上がって製作に入ってしまうと、一切その後の試行錯誤というのはなくて、限られた時間で作るというところが今まででした。今回に関しては、年末に商品があるので絶対に年末に映画を上映しなきゃいけないとかではなく、もう少し余裕のある形でしたし、お話についても久石さんとの話の中で新しい発想が生まれたりもしたんです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング