タロン・エガートン「エルトンとの間に絆と友情が生まれた」 「魔法のような経験でした」

エンタメOVO / 2019年8月16日 12時44分

デクスター・フレッチャー監督(左)とタロン・エガートン

 映画『ロケットマン』ジャパンプレミアが15日、東京都内で行われ、主演のタロン・エガートンとデクスター・フレッチャー監督が登壇した。

 本作は、伝説的ミュージシャンのエルトン・ジョンの半生を、『ボヘミアン・ラプソディ』のフレッチャー監督が描き、『キングスマン』シリーズのエガートンが演じたミュージカル大作。

 観客の大歓声に迎えられた2人。フレッチャー監督は「日本に来るのは4回目。しかも今回はタロンと一緒なんて、興奮のあまり体が爆発しそうな感じです」とあいさつ。

 初来日となったエガートンは「東京はどうしても来てみたい都市だった。素晴らしい歓迎をしていただき感激です」と笑顔をはじけさせた。

 フレッチャー監督は、本作について「タロンが全曲アフレコなしで歌っているところが見どころだ」といい、「彼は演技が素晴らしいだけでなく、歌唱力も並外れている」と絶賛した。

 エガートンはエルトンを演じたことについて、「存命している有名人を演じるなんて滅多にないこと。さらに本作に関してはご本人が製作に関わっている」と、緊張があったことを明かしながら、「(エルトンとの間に)絆と友情が生まれた。彼とは親密な関係で、彼の家族と数日一緒に過ごしたりもした。魔法のような経験でした」と振り返った。

 最後に、フレッチャー監督は「この映画は暗い面も描きながら、最終的には、やっぱり人生って捨てたものじゃない、という人生讃歌になっている。最高の笑顔で『楽しかったね』と映画館を後にしてもらえたら」とアピール。

 エガートンは「誰もが知る天才の物語だけど、彼が抱えていた問題はわれわれと同じ。人間くささも感じていただけたら」と語った。

 観客が両手にサイリウムを持って、エルトンのヒット曲「土曜の夜は僕の生きがい」を歌うサプライズも実施され、2人は大感激。フレッチャー監督は「皆さんにはぜひ『ロケットマン2』に出演していただきたい」とリップサービスした。

 映画は23日から全国ロードショー。


タロン・エガートン(左)とデクスター・フレッチャー監督

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング