現役アニメーターが語る制作裏話とアニメーション業界の知られざる現状 舘野仁美・刈谷仁美【「なつぞら」インタビュー】

エンタメOVO / 2019年8月21日 15時9分

(C)NHK

 日本のアニメーションの草創期を舞台にした「なつぞら」で、重要かつ、これまでの朝ドラにはなかった多彩な演出で視聴者を楽しませているアニメーションパート。 少女が森の動物たちと戯れるタイトルバックに始まり、初回の戦災孤児のなつたちが逃げまどう「東京大空襲」、なつの父が描いた家族の絵が動き出すさま、漫画映画『白蛇姫』『わんぱく牛若丸』など、さまざまなアニメーションを手掛けている制作チームの中で、アニメーション監修・キャストの作画指導などを務める舘野仁美、題字や絵画制作、タイトルバックなどの演出・原画・キャラクターデザインを務める刈谷仁美に、制作の裏話やアニメーション業界の知られざる現状を聞いた。

-まず、お二人の仕事の内容を教えてください。

舘野 タイトルバックや、劇中のアニメーション、原画などの小道具の制作をはじめ、アニメーターを演じる役者がパラパラと原稿をめくる“指パラ”といった所作や、道具の扱い方などを指導しています。ほかにも、台本を読んで現実の現場との相違に関するアドバイスなどをさせていただいています。

-舘野さんは長年、「スタジオジブリ」で活躍されていていたアニメーターですが、今回、本作の肝となる題字やタイトルバックの制作に22歳のフレッシュな刈谷さんを起用したのはなぜでしょうか。

舘野 直感です(笑)。彼女の目が大きくてキラキラしていて、元気で生命力があふれている姿や、素直だけど頑固さも持ち合わせているところなどはヒロインのなつ(広瀬すず)みたいですよね。アニメーターの素養は絵に出ると思っているので、あたかもなつが描いたようなアニメーションになれば、ドラマもさらにすてきになると思いました。

-この抜てきをどう受け止めましたか。

刈谷 まさか自分が朝ドラにかかわるとは夢にも思わず、本当に驚きました。ドラマの中でアニメを作る機会はあっても、アニメーターのドラマにアニメーターとして参加するなんて一生に一度のことでしょうから、これも何かの縁だと思って快諾しました。

-実際にドラマに携わると大変なこともあるのでは?

刈谷 昔の絵は洗練されていてシンプルだけど、柔らかい中に立体感があったり、独特の品もあったりするので、それを当時のアニメーターの画集を見てまねをする努力をしています。ただ、絵の雰囲気をつかめても、自分が描くと、やはり今風になってしまうので苦労しています。

-北海道原産の野ばらであるハマナス 、小鳥をあしらった題字のカリグラフィ(飾り文字)はかわいいらしくて好評ですが、どのようないきさつで誕生しましたか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング