【2.5次元】ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~インタビュー 良知真次&輝馬「パワーアップしたものを届ける責任がある」

エンタメOVO / 2019年9月4日 12時0分

ペイン役の輝馬(左)とうちはイタチ役の良知真次

 全世界で累計発行部数2億5000万部を誇る漫画『NARUTO-ナルト-』を原作としたライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~の再演が決定した。ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」は、2015年と16年に少年編が上演され、日本国内だけではなく、海外でも旋風を巻き起こしてきた。今回上演される作品は、17年に上演された「暁の調べ」の再演で、うずまきナルト役の松岡広大、うちはサスケ役の佐藤流司、うちはイタチ役の良知真次ら主要キャストが続投し、進化したステージを繰り広げる。さらにサイ役の定本楓馬、ペイン役の輝馬といった新たなキャストも出演。全世界からの期待が集まる本作への思いを、良知と輝馬に聞いた。

-良知さんは「暁の調べ」初演に続いての出演、輝馬さんは今回シリーズ初出演となりますが、まずは出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

輝馬 単純にうれしかったです。舞台を再演するときに、新しいキャラクターを出すというのは、2.5次元ミュージカルに限らず、なかなかないことなので、光栄なことだと思いますし、全身全霊で臨んでいきたいなと思います。

良知 僕はそもそも、2017年の公演で初めてこのお話を頂いて、それがイタチとの出会いだったのですが…シリーズ1作目を観劇したら、イタチへの前振りがすごかったんです(笑)。しかも、「暁の調べ」では新たに歌も要素として入ってくると聞いて、これは責任重大だと思ったことを覚えています。当時、俳優仲間の間でも誰がイタチを演じるのかということは話題になっていて、やりたい役者は多かった。『NARUTO-ナルト-』の中で非常に人気のあるキャラクターなので、とにかくファンの方の期待を裏切らないようにという思いで演じました。今回、再演が決まったことは、カンパニー全員の念願でもありました。待ちに待った同窓会のような顔合わせになると楽しみにしています。お客さまの中には再演ではなくさらなる続編を見たいと思っている人もいると思うので、その方たちの期待を裏切っての再演である分、さらにパワーアップしたものを届ける責任があると思っています。

-すでに深い絆ができているカンパニーだとは思いますが、輝馬さんはそこに新たに入ることにどんなお気持ちがありますか。

輝馬 “同窓会”に「初めまして」で入るので、緊張ももちろんあります。でも、胸を張って自分のやるべきことをやればいいんだと、ワクワクした気持ちの方が強いですね。皆さん仲が良さそうなので、先輩(良知)から後押ししてもらって、早く仲良くなれたらと思っています(笑)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング