【2.5次元】ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~インタビュー 良知真次&輝馬「パワーアップしたものを届ける責任がある」

エンタメOVO / 2019年9月4日 12時0分

-良知さんは新しいキャラクターが入ってくることに関しては、どんな思いがありますか。

良知 僕の唯一のソロ曲の「万華鏡写輪眼」がカットされないかどうか、ヒヤヒヤしています(笑)。でも、「暁」のパワーがさらに一つ増えるのはうれしいことですし、そこに輝馬が入ってくれるというのは安心でもあります。より強い「暁」になるんじゃないかなって思います。

-前回の公演では海外公演も大成功させて、日本のみならず、世界でも通用することを示した作品だと思います。本作が世界でも人気を得た理由はどこにあると思いますか。

良知 実際に、海外公演を行ったときに、キャストが登場した瞬間に大歓声が上がったので、その人気の高さは僕も実感しました。その人気は、やはり「メイド・イン・ジャパン」であることだと思います。アニメやゲームが世界基準になっている今、2.5次元ミュージカルは日本が海外に発信できるコンテンツの一つです。その中でも、『NARUTO-ナルト-』は、忍者という日本の文化が描かれていることが人気が高い理由なのかな、と僕は思います。

-では、今現在、それぞれの役柄についてどう考え、どう演じようと思っていますか。

輝馬 初めて演じさせていただく役なので、固定概念を持ち過ぎないように、新鮮に演じたいと思っています。生きた人間である僕が演じる以上は、あまりキャラクターに寄せすぎても違和感があるように思っているので、自分というものもそこにうまく混ぜて出せたらと思います。

良知 初演時よりもさらに、サスケとの間の愛が温かいものになればいいなと思います。ここで終わるのではなく、サスケの話がさらに続いていくことが分かるようなラストになっているので、サスケが歩み続けていけるような愛をイタチが与えられればいいなと思っています。

-お互いに役者としてどのような印象をお持ちですか。

輝馬 2年ぶりの共演となるので、今から楽しみです。良知さんは、舞台という“なまもの”を毎回新鮮に演じられる方。同じシーンを30回やっても、30回新鮮に演じられるので、そこがすごく好きなんです。一緒に演じられることにワクワクしています。

良知 輝馬と初めて共演したときは、まだ彼も若いときだったので、すごく大人になったなと思いました。今では若手をまとめて引っ張ってくれるようになったので頼りになりますし、最初の頃とは印象もだいぶ変わりました。人って成長するんだな、って思います(笑)。成長という意味では、本作のどのキャストも初演時よりさらにパワーアップしていると思うので、自分もみんなに負けないようにしないといけないなと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング