綾野剛、杉咲花に誕生日プレゼントを二つ 「どっちもいいなと思って選べなかった」

エンタメOVO / 2019年9月6日 15時9分

綾野剛(左)と杉咲花

 映画『楽園』の完成披露イベントが5日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、杉咲花、佐藤浩市、片岡礼子と瀬々敬久監督が登壇した。

 本作は、ある地方都市で起きた少女失踪事件をきっかけに交錯する人々の姿を描いたサスペンス作。事件の容疑者として追い詰められていく青年を綾野、消息を絶った少女と直前まで一緒だった親友を杉咲が演じた。

 綾野は、杉咲との共演は念願だったといい「(撮影で)杉咲さんと同じベクトルに向かっていけたのはいい経験だった。またすぐにでも共演したい」と、ラブコールを送った。

 杉咲も「綾野さんは役に入り込まれる方なので、現場でお話はできないのかな…と勝手に思っていたら、クランクインの日、撮影の合間に綾野さんが『花、おいでよ。横座わりなよ』と言ってくださって、楽しいお話をたくさんしてくれた。撮休の日には(ロケ地の)長野でおいしいご飯にも連れていってくれました」とエピソードを明かした。

 さらに、杉咲は「誕生日にはプレゼントを二つもくださった。本当に優しくしていただきました」と綾野の心遣いに感謝。観客らから「えー!」と驚きの声が上がると、綾野は「いや違うんですよ。選べなかった。どっちもいいなと思って、ご本人に選んでもらうのが一番いいなと。そうしたら、『どちらか迷います』と言うので『じゃあ、どっちも』となりました」と、照れながら説明した。

 一方、片岡と露天風呂に入るシーンがあった佐藤は「とりあえず全部見えちゃうので、お湯を乳白色にして7時間ぐらいは入ってました」と苦労を語った。

 片岡は「20年ほど前に、授賞式で浩市さんと一緒に司会をしたのですが、私は当時体調が悪く、おんぶに抱っこで浩市さんに全部やってもらった。今回はあのときの恩返しも含め、とにかく浩市さんについていくぞと思って挑みました」と、特別な思いを明かした。

 映画は10月18日から公開。


(左から)瀬々敬久監督、佐藤浩市、綾野剛、杉咲花、片岡礼子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング