【2.5次元】ブームを経て「2.5次元ミュージカル」が向かう先は? 2020年の展望を聞く 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事・松田誠インタビュー

エンタメOVO / 2019年12月29日 10時0分

"Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live (C)武内直子・PNP/"Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live製作委員会

 漫画、アニメ、ゲームといった2次元作品を原作として3次元化した舞台作品「2.5次元ミュージカル」(以下、2.5D)は、今や日本発のカルチャーの一つとして、若者を中心に高い人気を誇っている。2018年のNHK紅白歌合戦には、「刀剣男士」としてミュージカル『刀剣乱舞』のキャラクターたちが出場。より広く認知されるようになった。その2.5Dが、19年はどのように歩みを重ね、そして20年はどのような展望があるのか。日本2.5次元ミュージカル協会代表理事を務め、演劇プロデューサーでもある松田誠氏に話を聞いた。

-2019年は2.5Dにとって、どのような1年だったのか、日本2.5次元ミュージカル協会代表理事というお立場からお聞かせください。

 国内においては、少しずつ2.5Dが浸透しているという感覚はありますが、今年は、地道な1年だったように思います。もちろん、公演数や動員数は確実に増えています。それは、お客さまの層が広がっていることを意味すると思うので、停滞していないという点ではよかったと思います。ただ、ここからはある意味、さらに地道な活動になってくるとは感じています。

 一方で、漫画『美少女戦士セーラームーン』を原作とした「“Pretty Guardian Sailor Moon”The Super Live」をワシントンD.C.とニューヨークで上演。これは、2.5Dとしては初のアメリカ公演でした。演劇という点においては、ブロードウェーは一つの目標でもあり、憧れでもあるので、大きな意味のある公演でした。お客さまの反応も良く、チケットも即完売し、ブロードウェーのような演劇のメッカでも2.5Dが通用するということを感じたので、海外においては大きな一歩が踏み出せたと思っています。

-2.5Dが世間に浸透した理由はどこにあったと思いますか。やはり、紅白やそれに続く歌番組などへの出演が大きかったですか。

 一つの要因だと思います。実際に、紅白をはじめとしたテレビ番組に出演したことで、大きな反響を頂きました。それは「刀剣男士」として注目していただいたというよりも、2.5Dというジャンルとして認識していただけたのだと思います。舞台は、劇場の中でやっていることなので、誰もが見られるものではありませんから、そういう意味ではなかなか広がりにくいんです。ですから、メディアや紅白のような番組で取り上げてもらうことは、認知を広げるという意味で大きな意味があると思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング