【インタビュー】映画『2分の1の魔法』ダン・スキャンロン監督&コーリー・レイ、プロデューサー「この映画は、家族や自分たちの周囲にいる人とのつながりについて描いています」

エンタメOVO / 2020年8月19日 6時48分

ダン・スキャンロン監督(左)とプロデューサーのコーリー・レイ

 魔法が忘れられてしまった世界を舞台に、亡くなった父親にもう一度会いたいと願う兄弟が、魔法によって半分だけ復活した父を完全によみがえらせるために奮闘する姿を描く、ディズニー・ピクサーアニメの最新作『2分の1の魔法』が8月21日から公開される。ダン・スキャンロン監督とプロデューサーのコーリー・レイに話を聞いた。

-『トイ・ストーリー4』(19)のジョシュ・クーリー監督が「今、ピクサーで開発中の映画はシリーズものではなく、全てがオリジナル」と言っていましたが、この映画はそのうちの1本でしょうか。

スキャンロン そうです。この映画は間違いなく、パイプラインの中のオリジナル映画の1本です。この後にもたくさんの映画が公開されます。とてもユニークで、オリジナリティーにあふれた映画を作るピクサーにとって、今はとてもエキサイティングな時。僕らはとても興奮しています。

-この映画は、監督のお父さんへの思いを反映していると聞きましたが、『リメンバー・ミー』(17)同様、生者と死者との関係や、家族の絆がテーマになっていました。今、なぜこうしたテーマの映画が続けて作られるのでしょうか。個人的には、この映画を見て、『フィールド・オブ・ドリームス』(89)という映画を思い出しました。

スキャンロン 死について描いた映画は、同時に生についても語っていると思います。それらは、誰かの人生を祝福すること、人生にはどんな目的があるのかという疑問や、生きている間に人は人の心にどのように触れるのか、といったことを描いています。ですから、見る人に、とても美しい影響を与える作品に成り得ると思います。そして、なぜピクサーがこういうテーマに引かれるのかという理由は、僕らがいつも、映画を通して大きな課題を掘り下げたいと思っているからです。生と死は間違いなく大きな課題で、多くのことを含んでいますし、それは普遍的な課題だと思います。

-この映画に登場するのは、エルフという不思議なキャラクターですが、なぜ普通の人間ではなく、あのような見た目のキャラクターを主人公にしたのでしょうか。

レイ 私たちには、魔法が存在する世界を作り出す必要があったので、ファンタジーの世界を舞台にしようと決めました。そうなると、それに合うキャラクターを考えなければなりません。また、現代の世界や設定に、みんなが知っているファンタジーの要素にあふれたキャラクターを入れ込むのは、とても楽しいだろうとも思いました。そこでエルフを思い付きました。彼らは、先のとがった耳をしているけれど、人間のようにも見えます。エルフなら感情表現ができて、観客の共感を呼ぶこともできると思いました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング