【インタビュー】映画『461個のおべんとう』森七菜 躍進に納得。あどけない表情に隠されたタフな本質

エンタメOVO / 2020年11月2日 6時9分

森七菜(ヘアメイク:佐藤寛(KOHL)/スタイリスト:申谷弘美(Bipost))

 実話をもとに、3年間=461個のお弁当を毎日欠かすことなく作り続けた人気ミュージシャンの父親・鈴本一樹(井ノ原快彦)と、息子・虹輝(道枝駿佑)の心温まる物語をつづった映画『461個のおべんとう』。本作に出演した、現在大ブレーク中の女優・森七菜は、2016年のデビュー以降、快進撃が止まらない。その理由は、19歳のあどけない表情に隠されたタフな本質にあるようだ。

 新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』、岩井俊二監督の映画『ラストレター』、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」など、数々の話題作にオーディションによって抜てきされ、「オーディションにめっぽう強い女優」という異名を持つ森。

 本作への出演もオーディションを突破して決めており、映画の内容を知らないまま、お弁当を食べるシーンに挑戦した森は「最初は、どういう映画なんだろう?と疑問でしたが、兼重(淳)監督が面白い方だったので、撮影現場の雰囲気も穏やかで明るいだろうな…と想像でき、私も参加したいと思いました。選ばれたときはうれしかったです」と笑顔で話す。

 待望の現場は、「本当に楽しかったです。お弁当もおいしくて、テストのときからいっぱい食べちゃいました」と大満足の様子。ちなみに、学生時代の思い出のお弁当を聞いてみると、「クラスの女の子みんなでチョコフォンデュをしたこと!」とかわいらしい答えが返ってきた。

 演じたのは、お弁当を通じて虹輝と出会うクラスメートの仁科ヒロミ役。同役について、「悪く聞こえるかもしれないけど、自我が強めの女の子」と分析すると、「いつも一緒にいる虹輝と章雄(若林時英)が優しくて、押されがちな性格なので、その辺りでいいバランスが取れるように意識しました」と振り返る。

 自身は自我があまり強くないそうで、「ヒロミの言葉はストレート過ぎるかも…と思うこともありました」と話すが、「気は強いけど、愛されるべき女の子だから、どうしたら応援したくなるようなすてきな女の子になれるかを考えました」とも語った。

 自分にはない側面を持つキャラクターへ、どのようにアプローチしたのか? 森は「演じているうちに点と点が線になって、そのキャラクターになっていく気がします。ある程度の形は作りますが、基本的に台本のせりふやト書きに頼っています」と説明した。

 ヒロミは虹輝にひそかに思いを寄せる役柄でもある。プライベートでは好きな男性にどのようにアプローチするのか尋ねてみると、「アプローチしないです(笑)。好きになっても、好きじゃなくなるまで放置します。自我がないから、デートしたいとか、好きになってほしいとかも思わないです。付き合ってもどうしていいか分からない…」と胸中を吐露する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング