【インタビュー】WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」竹内涼真 自分自身を演じるユニークなオムニバスドラマに意欲十分「こういう日常的なお芝居がずっとやってみたかった」

エンタメOVO / 2020年11月5日 10時26分

竹内涼真

 人気若手俳優・竹内涼真は一体、どんな休日を過ごしているのだろうか? 誰もが気になるこの疑問に答えるように、気鋭のクリエイターたちが妄想を膨らませて描いた個性あふれる脚本に基づき、竹内が自分自身を演じるオムニバスドラマ(全8話)が始まる。今年の3~5月にWOWOWで放送され、好評を博した「有村架純の撮休」に続く“撮休”シリーズ第2弾だ。11月6日(金)深夜0時からの放送開始を前に、竹内にユニークな主演作に対する意気込みや、撮影の舞台裏などを聞いた。

-自分自身を演じる上で、心掛けたことは?

 今回は「演じる」という事はあまり意識せずに臨みました。はじめに、プロデューサーの皆さんと話し合い、キャラの濃い周りの人たちに僕が巻き込まれていく、ということを一つのテーマにしました。ただ、そういうときに力を入れ過ぎると、どうしても気持ちが役の設定以上に乗り過ぎてしまい、“演じている感”みたいなものが出てしまうので、そうならないように力を抜き、相手のアクションに対して自然に反応できるように…と。その点を心掛けました。また、「休みの日はどんなことをしているのか」、「こういうときはどう考えるのか」といった打ち合わせもした上で、それを反映して書かれているものもあります。普段、自分が生活している中で、本当に言いそうなせりふが多かったんです。「脚本家の皆さんすごいな、なぜ分かるの?」と驚いたほどで。全8話、いろんな人と関わる中で、自分が少しずつ変わっていくのを楽しみながらやらせていただきました。

-ご自身の素直な反応を出されたのですね。そうすると、普段はカメラの前では見せないような部分も出ていると?

 全話、割とそんな部分ばかりだと思います(笑)。ドラマとはいえ、ちょっとしたリアクションや表情、会話のリズムなどは、普段の自分に近いものがあります。全体的に“プライベート感”みたいなものがあるので、多分、今までの作品では見せたことのない部分がたくさん出ているんじゃないかな…と。

-“プライベート感”という意味では、衣装やセットはいかがでしたか。

 衣装は、各話を演出する監督と話し合って、なるべく僕が普段着そうなものをチョイスさせていただきました。ただ、自宅のセットには驚きました。美術の方がイメージで作ってくださったのですが、僕はあんなすごい家には住んでいません(笑)。見た人に「こんなすごいところに住んでいるのか」と思われそうなので、これだけは「違う」と言いたいです(笑)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング