1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【映画コラム】おもしろうてやがて悲しき青春群像劇『あの頃。』

エンタメOVO / 2021年2月18日 6時39分

(C)2020「あの頃。」製作委員会

 今から20年ほど前の大阪を舞台に、「ハロー!プロジェクト」(ハロプロ)に夢中になる、アイドルオタクたちの青春を描いた群像劇『あの頃。』が2月19日から公開される。

 原作は、劔樹人の自伝的青春コミックエッセー『あの頃。男子かしまし物語』。主人公がアイドルにハマるきっかけとなる松浦亜弥役を、ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「BEYOOOOONDS」の山崎夢羽が演じている。

 大学院受験に落ち、恋人もなく、金もない劔(松坂桃李)。どん底の生活を送る中、松浦亜弥の「桃色片想い」のミュージックビデオを目にしたのをきっかけに、ハロー!プロジェクトのアイドルたちの熱狂的なファンとなり、オタク活動に没頭する。

 劔は、藤本美貴推しで、プライドが高くひねくれ者のコズミン(仲野太賀)をはじめとするオタク仲間(山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロー)と「恋愛研究会。」を結成し、トークイベントやライブの開催、学園祭でのアイドルの啓蒙(けいもう)活動に励むが…。

 本作は、基本的には、アイドルオタクたちのおかしな日常や、オタク活動に熱中する姿を描いたコメディーなのだが、何かに夢中になること、それによって結ばれる絆、やがて訪れる終焉(しゅうえん)を見ながら、無性に切なくなったり、彼らがいとおしく感じられたりもする。それは、脚本の冨永昌敬と今泉力哉監督の、彼らを描くまなざしがとても温かく優しいからだ。

 見る前は、アイドルオタクたちの話と聞いて、正直なところ、色眼鏡で見ていたのだが、この、おもしろうてやがてちょっと悲しくなる展開に、笑いながらついほろりとさせられた。これはうれしい驚きだった。

 松坂をはじめ、「恋愛研究会。」の面々は、皆なかなかの好演を見せるが、中でも『すばらしき世界』に続いて、癖のあるもうけ役をものにした仲野が目立っていた。

 さて、三浦春馬が主演した『アイネクライネナハトムジーク』(19)もそうだったが、今泉監督は、登場人物の一人一人がきちんと浮き立つような演出をする。つまり群像劇にさえを見せるのだ。

 そして、今回は主人公の劔がミュージシャン志望であり、アイドルにまつわる音楽も重要な役割を果たしてるのを見て、そういえば今泉監督のデビュー作は『たまの映画』(10)という音楽ドキュメンタリーだったことを思い出した。

 個人的には、その『たまの映画』が、和歌山県の「田辺映画祭2010」に出品された際に審査員を務め、審査の席でこれを推した覚えがある。あれから10数年がたち、今はとても立派な監督になったと思うと感慨深いものがあった。(田中雄二)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング