1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【芸能コラム】コロナ禍で開催される異例づくめの第93回アカデミー賞。主要6部門の行方は!?

エンタメOVO / 2021年4月23日 6時28分

『ノマドランド』(C)2020 20th Century Studios. All rights reserved.

 コロナ禍の影響で映画の公開延期や映画館の休館が相次ぎ、映画界も大きく様変わりした2020年。ハリウッドの祭典、第93回アカデミー賞も従来から2カ月ほどずれ込み、4月26日(日本時間)に開催されることとなった。また、今回に限り「劇場公開作品のみ」という前提条件を変更し、対象を配信作品にも広げた結果、NetflixやAmazon Primeなどの作品が多数ノミネートされることになった。異例づくめではあるものの、ひとまず無事に開催されることを喜びつつ、主要6部門の行方を予想してみたい。

 まず今年の状況だが、ノミネート数で見ると、作品賞、主演男優賞、監督賞など10部門で候補となった『Mank/マンク』(Netflix配信中)が最多。これを、6部門候補の『Judas and the Black Messiah(原題)』、『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』(Amazon Prime配信中)、『シカゴ7裁判』(Netflix配信中)、『ノマドランド』(公開中)、『ファーザー』(5月14日公開予定)、『ミナリ』(公開中)、5部門候補の『プロミシング・ヤング・ウーマン』(7月16日公開予定)、『マ・レイニーのブラックボトム』(Netflix配信中)などが追う。

 中でも話題の中心は、自動車で放浪生活を送る米国の高齢者の現実を描き、ベネチア国際映画祭金獅子賞に輝いたほか、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞など、米アカデミー賞の“前哨戦”と呼ばれる賞を総なめにした『ノマドランド』だ。

 それでは、各部門の予想に移りたい。

【助演男優賞&助演女優賞】

 助演男優賞は、ゴールデングローブ賞や全米俳優組合賞などを軒並み制した『Judas and the Black Messiah(原題)』のダニエル・カルーヤがほぼ当確か。1960~70年代、米国で黒人差別に立ち向かった政治組織ブラックパンサー党の指導者を熱演している。

 助演女優賞は、毒舌風刺コメディー『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』(Amazon Prime配信中)の新人マリア・バカローバと、80年代を舞台に韓国系アメリカ人一家の暮らしをつづったドラマ『ミナリ』のユン・ヨジョンが、他の候補よりも頭一つ抜けた印象。とはいえ、前哨戦の結果から判断すると、娘夫婦と暮らすたくましいおばあちゃんを好演した韓国の名優ヨジュンが有利か。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング