1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

幕府のかじ取りに苦悩しつつ、いちずに妻を愛する若き将軍役「和宮様は家茂にとって大きな存在です」磯村勇斗(徳川家茂)【「青天を衝け」インタビュー】

エンタメOVO / 2021年6月13日 20時50分

徳川家茂役の磯村勇斗

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。主人公・渋沢栄一(篤太夫/吉沢亮)が、徳川慶喜(草なぎ剛)の家臣となり、幕末の騒乱もいよいよ本格化してきた。江戸幕府第14代将軍としてその渦中に身を置くのが、徳川家茂だ。権力争いに巻き込まれた末の若過ぎる将軍就任で幕府のかじ取りに悩む一方、政略結婚であるにもかかわらず、天皇家から迎えた妻・和宮(深川麻衣)をいちずに愛するなど、その人間味あふれる姿は心に残る。演じる磯村勇斗が、役に込めた思いや撮影の舞台裏を語ってくれた。

-第十八回(6月13日放送)は、家茂と和宮の仲むつまじい姿が印象的でした。

 「私は武家の棟梁でありながら、何かと争うよりも、あなた様とずっとこうしておりたいと心の奥で願ってしまう」というせりふは印象的でした。すごくロマンチックですよね。若いからこそ出てくる言葉なのかな、と思いましたし、本当に愛していたから出てくるんだろうな…と。台本を読んでも、自分で言っていても、「ものすごく愛のあるせりふだな…」と感じました。

-家茂にとって和宮はどんな存在だったのでしょうか。

 政略結婚だったとはいえ、家茂は和宮様に対して、1人の女性としてきちんと愛したいという気持ちが強かったと思うんです。他の女性を好きにならず、和宮様しか見ていなかったわけですから。そういうことを考えると、いちずに思っていたし、心の支えにもなっていたんだろうな…と。いろいろな人々に翻弄(ほんろう)される中、精神的に耐えられたのは、和宮様がいてくれたおかげ。そういう意味では、家茂にとっては大きな存在です。

-和宮とのシーンの撮影はいかがでしょうか。

 すごく温かな時間が流れていたな…と。深川さんと呼吸が一緒になっていたような時間の流れというか、お芝居の間尺を感じたりして…。深川さんとはこれまで何度かお会いしたことがありますし、共通の知人もいたので、撮影の合間にはそういう話をして、楽しく過ごしていました。おかげで、見ていて心が苦しくなる部分がありながらも、どこか「この2人が幸せであってほしい…」と思えるシーンになったのではないでしょうか。

-第十八回では、かっちゅうを身に付ける場面もありましたね。

 身が引き締まりました。別に磯村勇斗自身が戦に行くわけでもないのに、着るだけで、「これから戦だ!」という気持ちになって。かっちゅうの重さもあり、ものすごく背筋が伸びました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング