1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【インタビュー】音楽劇「海の上のピアニスト」主人公ノヴェチェント役の内博貴「ジャニーさんに“舞台が一番大切”と教えられた」

エンタメOVO / 2021年9月10日 8時5分

ノヴェチェント役の内博貴

 映画にもなったアレッサンドロ・バリッコのイタリア文学を、音楽作品として描いた音楽劇「海の上のピアニスト」が9月16日から上演される。本作は、“豪華客船の中で生まれ、生涯一度も船を降りることのなかった”天才ピアニスト・ノヴェチェントの生涯を描く。ノヴェチェントを内博貴が演じ、親友トランペッターを藤本隆宏が演じる。本作で藤本との二人芝居に挑戦する内に、公演への意気込みを聞いた。

-作品について抱いているイメージを教えてください。

 僕、映画(1998年公開)を見たことがなくて、その状態で台本を読んで、そこで初めてノヴェチェントの生涯を知りました。普通に考えたらあり得ない人生だと思います。船の中で生まれて、親に捨てられ、本当の両親も分からない。船員に育ててもらい、やがてピアニストになる。これはフィクションですが、純粋に外の世界を知らないわけですから、何かかわいそうだな…と思いました。

-役作りはどのようにしていますか。

 僕は、いつも特に役作りはしないんです。台本の“ト書き”に全て書かれていると思うので。こういう会話のときに、この人物はこういうせりふを言うんだ…。それがもうその人物の性格なので、それを押さえて演じれば、それがその人物になる。なので、稽古のときはいつもゼロの状態から入って、そこから徐々に作っていく感じです。

-歌稽古の感触はいかがですか。

 曲調で言うと、アップテンポな曲もありますし、バラードチックなのもあります。すごく幅広い楽曲がそろっているので、初めて聞いたときに「こんなにあるんだ」と驚きました。最初から、楽曲数もかなり多いと思っていたのですが、演出家の星田(良子)先生が「もう1曲増やしました」と言うので、「いや、増やさなくていいよ!」って思いました(笑)。

-今回の舞台で、自分にとっての一番の挑戦だと思うことは?

 (取材当時)僕がピアノを生で弾くシーンがあるのかまだ分からないのですが、もしやるとなったらそれは大きな挑戦です。それから、この作品は二人芝居なのに、せりふの掛け合いが少ないので、それは僕にとって初めてのことで、不思議な感覚があります。藤本(隆宏)さんは親友役であり、ストーリーテラーという役どころでもあるので、説明口調が多いのですが、僕は自分の心情を語るシーンが多い。例えば、外に出てみたいという欲求、妄想のせりふだったり…。せりふというよりは“ポエム”。2人でいるのに、会話のキャッチボールが少ないので、そこが難しいと感じています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング