1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【インタビュー】Huluオリジナル「死神さん」前田敦子「役者さんたちの熱量を感じられる時間がすごく好き」

エンタメOVO / 2021年10月1日 12時1分

南川メイ役の前田敦子 (C)エンタメOVO

 「トリック」「SPEC」シリーズなどを手掛けた堤幸彦監督と、俳優の田中圭がタッグを組んだ、Huluオリジナル「死神さん」が配信中。本作は、警視庁で最も疎まれ嫌われている再捜査専門の刑事・儀藤堅忍、通称「死神」が、事件ごとに相棒を替えながら、警察が生み出した“冤罪(えんざい)事件”の真相をあぶり出していくミステリードラマ。田中が演じる儀藤の捜査をサポートする“連絡係”の南川メイを演じる前田敦子に、本作の見どころや撮影の裏側、さらに演じることへの思いを聞いた。

-警視庁広報課所属の巡査長で、儀藤には「パシリ」と呼ばれながらも“自分なり”のバックアップをするという南川メイですが、前田さんはメイを演じる上でどんなところを意識しましたか。

 メイは、すごく客観的な役で、あまり背景も描かれていない女性です。これからどうなっていくのかも分かりませんし、最初から続編を期待させるような描き方だったので、とにかく楽しくやろうと思っていました。

-それぞれのキャラが立っていて、まさに堤監督という作品に仕上がっていましたが、監督からはどんな演出がありましたか。

 むちゃぶりに近い演出が結構ありました(笑)。なので、勢いが大事なんだろうと感じました。特に今回演じたメイは、キャラクター重視の役でもあるので、監督もテンポを大事にしていたんだと思います。暗くなりがちなストーリーなので、その中でメイが“箸休め”になったらいいなと思いながら演じていました。

-堤監督とは『イニシエーション・ラブ』(15)でもご一緒されていますが、本作で監督ならではと感じるところはありましたか。

 堤監督は、撮影現場でどんどん編集をしていくんです。ほかの監督が現場で編集しているのは見たことがないので、そのスピーディーさは堤監督ならではだと思います。(演技に対する演出も)「あまり深く考えないで、とりあえずどんどんやって」というようなむちゃぶりとも思える演出が、“天の声”のように遠くから聞こえてきます(笑)。ですが、そのスピーディーさがあるからこそ、新しいコメディーの世界を作れるんだろうなと思います。それは、本作に限らず、どの現場でも変わりません。それから、監督は、現場ではとにかく明るくて、ずっとお話ししています。今回は、ホモサピエンスについて教えてくれました(笑)。

-田中さんとは今回、3回目の共演となりますが、お二人が絡むシーンはどのように作っていきましたか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング