1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【インタビュー】ミュージカル「蜘蛛女(くもおんな)のキス」安蘭けい「芸能生活30周年も通過点。これからまだまだ進んでいきたい」

エンタメOVO / 2021年10月13日 12時5分

-ところで、安蘭さんは、今年、芸能生活30周年を迎えます。10月13日には30周年記念アルバム『AVANCE』も発売されましたね。

 今回は、今まで出会った作品の中から、この曲をもう一回歌いたい、この作品にもう一回出演したいという思いを込めて選曲しました。タイトルの『AVANCE』には、「前進する」という意味があります。私自身はこの30周年も通過点だと思っていて、これからまだまだ進んでいきたいですし、成長したいと思っているので、その思いをこのタイトルに込めました。この30年を振り返るのではなく、この作品と、この曲と一緒に前進していきたいという思いがあります。

-アルバムの中で特に思い入れの深い楽曲は?

 もちろん全部なのですが、挑戦ということで言えば、「レディ・デイ」からの2曲です。その楽曲は、ジャズピアニストのクリヤマコトさんにゲストで来ていただき、収録したのですが、歌っていたら私がすごく楽しくなってしまって、「違う歌も歌いたい」と盛り上がってしまって…。そうしたらクリヤさんも快諾してくださって、急きょ「星に願いを」を歌わせていただくことになりました。そのとき、その場で生まれた曲なので、貴重な曲になっていると思います。

-では、アルバムのタイトル「AVANCE」にちなんで、安蘭さんが今後、“前進”した先ではどんな自分になっていたいですか。

 宝塚のときには、トップスターになりたいという明確な目標がありましたが、退団してからは、ただ、いい役に出会いたいという思いがあるだけなんです。なので、今も、具体的にこうなりたいという姿があるわけではありません。「いい役に出会いたい」という、そのスタンスは変わらず、生きていることを感じながら楽しく仕事をしたいです。やっぱり舞台に立つことが好きなので、それは続けていきたいと思います。

-ファンの方へメッセージを。

 今回のアルバムは、私の今までの集大成でもあり、これからの私も見られるものになっていると思います。私が歌っていることを知らない方々にもぜひ聞いていただいて、安蘭けいのことを少しでも知っていただける機会になればいいなと思います。今まで応援してくださった方々には、今回歌った楽曲から感謝の気持ちが伝わればうれしいです。

 それから、「蜘蛛女のキス」は、作品のファンの方もたくさんいらっしゃると思いますし、作品の内容を知っている方も多いと思いますが、今回は日澤さんの演出、石丸幹二さんの主演で、今までとはまた違った世界観の作品ができあがるんじゃないかなと私も期待しています。「これぞミュージカル」というものが作り上げられればと思っていますので、ぜひ期待して楽しみにしていただけたらと思います。

(取材・文/嶋田真己)


ミュージカル「蜘蛛女のキス」

 ミュージカル「蜘蛛女のキス」は、11月26日~12月12日に、都内・東京芸術劇場プレイハウスで上演。安蘭けい30周年記念アルバム「AVANCE」は発売中。

ミュージカル「蜘蛛女のキス」公式サイト https://horipro-stage.jp/stage/spiderwoman2021/



ミュージカル「蜘蛛女のキス」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング