12星座あるある【別れのサイン】牡牛座はだんまり、魚座はメールが減った時

i無料占い / 2014年3月14日 11時0分

写真

 3月は、別れるカップルが多い季節。恋人や好きな相手がいる人にとって、少し不安な時期かもしれません。転勤や卒業など環境の変化も多く、生活リズムも変わることからすれ違いが多くなりがち。また、それまで、相手に不満があった場合には、この機会に別れを告げることもあるでしょう。しかし、別れの危機を乗り越えて、本当の幸せをつかめるカップルもいるはずです。そこで、別れが近くなったとき、相手はどんな行動や態度をとるのか? 星座別にみていきましょう。
 
■牡羊座……笑顔が減る、命令口調
 牡羊座は狩人タイプ。最初は情熱的にアプローチしてきますが、関係が落ち着いてくると、メールや電話の頻度も減少気味に……。ただし、それは牡羊座ではありがちなこと。別れのサインは「笑顔が減る」「命令口調」など、ぞんざいな態度です。デートも面倒くさそうな雰囲気が漂ったらかなり危険。そんなときは、下手に出ると図に乗ってくるので、別れも覚悟で毅然とした態度をみせましょう。そのほうが効果的です。
 
■牡牛座……だんまり
 牡牛座は、芯は強いが腰が重いタイプ。別れたいと思っても、決断するまで時間がかかります。別れのサインは「だんまり」。あなたが話題をふっても、だんまり。「どっちのお店にする?」と聞いても、「なんでもいい」と言いながら不機嫌そう。あなたは何を怒っているのかわからず、不安が増すばかり。対策は「食」。牡牛座は美食家なので、おいしい食事と最高のお酒で語り合えば、わだかまりも解けるかもしれません。
 
■双子座……相手の予定がわからない
 好奇心旺盛で、個人主義の双子座。いろいろなことに興味を持ち、友達も多いでしょう。しかし、誘惑も多く、目移りが心配なタイプです。別れのサインは「予定がわからなくなった」とき。仕事や趣味、遊びに忙しい双子座ですが、何をしているのかわからない時間が増えてきたら要注意。あなたが問いつめると面倒になって別れを言いだすので、タイミングが重要。軽い浮気なら、「やっぱりあなたがいい」と戻ってくることもあるでしょう。
 
■蟹座……感情の起伏が激しくなる
 愛情豊かな蟹座。そのため、あなたからの愛情や思いやりが足りないと、ストレスがたまり、別れの原因に……。別れのサインは「感情の起伏が激しくなった」とき。恋愛がうまくいかないと不安になり、仕事にも影響するタイプ。泣いたり、怒ったり、異常にはしゃいだりするときはストレスがMAX! 蟹座の人には、愛情を言葉や態度でわかりやすく伝えましょう。それが別れを防ぐ方法です。
 

i無料占い

トピックスRSS

ランキング