【タロット占い】選んだタロットカードでわかる、あなたの悪との向き合い方

占いTVニュース / 2019年3月19日 17時0分

写真

 悪はいけないもので、手を染めてはならないものだと考える人は多いでしょう。けれど本当に、悪のすべてを拒絶して、悪の追放のために戦っている人はいるのでしょうか? 選んだタロットから、悪との向き合い方をみてみましょう。

【質問】
 悪に打ち勝つ自分をイメージして、タロットを選んでください。

A:「恋人」のカード
B:「節制」のカード
C:「審判」のカード

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「悪との向き合い方」
 3枚のタロットにはそれぞれ、天使が描かれています。この天使は、火を司る大天使であるといわれています。火を司る大天使は、悪を追い落とす役割を持ちます。選んだタロットは、あなたの悪との向き合い方に通じているのです。

■A:「恋人」のカード……悪の仲間入りをする
 「恋人」のカードを選んだあなたは、とてもフレンドリーな人でしょう。相手と仲よくなってしまえば、その人が善人であろうと悪人であろうと、普通に付き合えるタイプです。悪の仲間になってしまえば、悪とすら感じることがなくなるのかもしれません。悪に取り込まれて、悪との関係を築いてしまうという困った悪との向き合い方に……。付き合う人を選ぶ必要がありそうです。

■B:「節制」のカード……悪の中のいい面を取り入れる
 「節制」のカードを選んだあなたは、物ごとを善か悪かで決めつけようとするタイプではありません。善の中にある悪と、悪の中にある善を知り、いいとこ取りで役立てていく道を模索するでしょう。悪の中のいい面を取り入れるという合理的な向き合い方で、善だけではまかないきれないところをカバーします。状況に合わせたフレキシブルな対応ができるのも、1つに傾倒しない人の技です。

■C:「審判」のカード……悪だとわかれば拒絶する
 「審判」のカードを選んだあなたは、善悪をきっちりと分けて考えたいタイプでしょう。悪だとわかれば拒絶して、いかなる理由があろうともそれを受け入れることはしないはず。一度でも悪を感じたら、きっちりけじめをつけるまでは相手に譲歩することもなく、善か悪かの2つに1つとして判断するでしょう。わかりやすい悪との向き合い方ですが、あなたの物差しが正確かどうかにかかっています。

 きっちり分けやすい善悪と、善か悪かをいい出したらキリがなくなるという善悪もあります。また、常識やモラルとも関係するので、時代や国柄でも変わってくるでしょう。冷静に物ごとに向き合えるセンスを大切にしたいですね。
(LUA)

>>NEXT:【タロット占い】選んだタロットカードでわかる、あなたが魔が差すとき

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング