血液型【恋が苦しいとき】あるある AB型は恋のマニュアルに振り回されているとき!

占いTVニュース / 2020年1月20日 18時0分

写真

 恋愛がスタートするときは、華やいだ気分になりますね。しかし、相手のことが好きになりすぎたら、とたんに楽しいだけではなくなります。あなたはどんなときに一番、恋がつらいと感じるでしょうか。血液型別に、恋が苦しいときを見ていきましょう。

■A型……相手の気持ちがわからないとき
 A型は繊細なので、不安定になりやすいタイプ。そのため、恋愛では安定した関係を望むでしょう。恋が苦しいのは、相手の気持ちがわからないとき。メールの返信がなかったり、なんとなく冷たく感じたり……。「あの人はどう思っているの?」と、あれこれと考えてしまうのは、傷つくのを恐れているから。警戒心の強さから、自らすれ違いを大きくしないように気をつけて。

■B型……なかなか会えないとき
 自分の気持ちに素直なB型。好きな人の顔が見たいと思えば、すぐに飛んでいくでしょう。恋が苦しいと思うのは、なかなか会えないとき。遠距離だったり、男性が忙しくてデートの約束もままならないと、明るいB型から笑顔が消えていきます。楽しそうなカップルを見ては、「私たちの距離が、どんどん遠くなっていく」と不安に襲われて、別れを告げることもありそう。

■O型……嫉妬にかられたとき
 好きになると情熱的にアプローチするO型は、好きな男性を自分だけのものにしたい独占欲が強いタイプ。少々押しが強くなりすぎる傾向があります。恋が苦しいと思うのは、嫉妬にかられるとき。好きな男性にかわいい後輩の女性がいたら、「恋に発展するのでは……」と気持ちが落ち着きません。男性のスケジュールを細かくチェックするようになったら、危険信号です。

■AB型……振り回されていると感じたとき
 AB型はクールに見えて、本気で男性を好きになると、かなりのめり込むタイプです。恋が苦しいと思うのは、振り回されていると感じたとき。愛する男性から嫌われたくないと、AB型は完璧な女性を演じようとします。そのため、恋のマニュアルや、人の意見に左右されがちに。恋の掟に振り回され、自分の気持ちとは裏腹な行動ばかりしていると、次第に息苦しくなるでしょう。

 恋が苦しくてたまらないときは、自分自身を振り返ってみましょう。苦しくても一緒にいたいのか、何か改善方法はあるのかなど、恋の選択はあなたが握っているのです。
(金森藍加)

>>NEXT:【血液型恋の落とし穴】O型はアプローチが止められず、相手が逃げ出しちゃう!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング