6月27日は蟹座の新月 幸運の星・木星の恩恵と、深い愛情を感じられる日

占いTVニュース / 2014年6月26日 21時0分

写真

 6月27日は新月です。新月とは、月の満ち欠けのリズムに合わせて、約29日に一度、新しく月が生まれる日。このタイミングにお願いごとをすると、月の成長パワーが得られてかなうといわれています。(詳しくはこちら→ http://uport.cocoloni.jp/content/9702)
 
■今回の新月の特徴は?
 
 新月は、どの星座の位置で起こるかによって、得意分野、エネルギーがあふれている分野に特徴があります。今回の新月の特徴を見ていきましょう。
 
【新月が起こる場所】蟹座
【新月になる時刻】6月27日17:06
【ボイドタイム】6月29日10:04~17:44
【蟹座新月のキーワード】「母性的愛情」「記憶力」「受容性」「やさしい共感力」「家・家庭」……etc.
 
 蟹座は受容性や包容力に優れた星座です。身近な人の世話を焼くことや、仲間と認めた人の悲しみにそっと寄り添うような、母性的な優しさにあふれた気質を持っています。感情もとても豊かで、思い出を大切にする性質などから、記憶力に優れている特徴もあります。
 
 そんな「蟹座新月」でかないやすい願いごとは、「愛情」や「人とのつながり」に関すること。特に見返りを求めずに与えるような、「無償の愛」に関わることに適性があります。また、「感情や気分」、「不安感に関すること」も蟹座の得意ジャンル。身近な仲間や、自分の内側の世界を大切にするところから、「家族」や「快適な家(住むところ)」に関しての願いごとも適しています。
 
 今回の新月は、昨年の6月26日に蟹座に入宮した「幸運の星・木星」のそばで起こります。7月16日には木星は獅子座に移動するので、蟹座木星の恩恵を受けられる残り少ないチャンスです。ぜひ、蟹座的な情緒や愛情にあふれたお願いごとをしてみましょう!
 
★お願いごとの例★
「無条件の愛情を感じられるパートナーと出会えますように」
「居心地のいい、安定した職場で働きたい」
「安心して住める家が見つかりますように」
「まわりの人と共感し合えるような優しい関係を築きたい」
「感情の揺れに翻弄されない私になりたい」……etc.
 
■お願いごとのやり方
 
 お願いごとのやり方はとても簡単! 好きな紙に2件以上10件以内のお願いごとを書きとめるだけです。ただし、お願いごとを書くときは下記に注意してください。
 
(1)新月になったタイミングから48時間以内にお願いごとを書く。最大パワーを得たいときは8時間以内に!
(2)お願いごとを書くときは、ボイドタイムを外すのがベター
(3)お願いごとは2件以上、10件以内。それ以上でもそれ以下でもNG
(4)書くときはパソコン等ではなく手書きで
(5)他人を変える願いごとはかなわないと言われているので、あくまでも自分主体に、自分がどうなりたいか、を書く
 
 「ボイドタイム」とは、月の力が弱くなり人間の判断や決断に間違いが起こりやすくなる時間のこと。この時間帯はお願いごとの発信に適していないので避けたほうがいいと言われています。また、お願いごとを書いた紙は、捨てなければ自由にしてOKです。
 
■蟹座新月のプチおまじない
 
 今回の新月は、月の効力が強くなり、心が不安定になることが考えられます。感情に働きかける天体である「月」は、蟹座の守護星。本来の場所に入ることでより月の影響が出やすくなるのです。しかも今回の新月は真正面から「破壊と再生」の「冥王星」が感情に揺さぶりをかけてきます。
 
 そこで今回は、自分の感情の揺れを抑えて、月本来の優しさや自分らしい内面とつながれるおまじないをしてみましょう。
 
 お願いごとを書く前に、「杏仁豆腐」や「ミルクプリン」など乳白色のやわらかいスイーツを食べましょう。ポイントは、スイーツが上から見て「丸い器」に入っていることです。ミルクや乳白色、丸い器はすべて月とつながるもの。とろんとした静かな白い表面を見ながら、ゆっくりとその優しい甘さを味わってください。このおまじないは、揺れがちな心を落ち着かせて蟹座新月のパワーを得やすくしてくれます。スイーツを食べてしっかりと自分の心の中心に戻って、蟹座新月のお願いごとを書いてみましょう!
 
■7月12日・山羊座満月へのアプローチ
 
 27日に新月となった月は、満ちながら29日の朝に木星と重なります。まだ新月パワーが残っている時ですので、蟹座新月で決めたことや願ったことを行動に移していきましょう。木星のポジティブさが満ちゆく月に力をくれて、家族や友人、仕事仲間などの関係に幸運を授けてくれるはずです。
 
 7月中旬の山羊座満月になる頃には、木星はもう蟹座の終わりのほうに位置します。去年の6月から、海王星や土星と水の星座の調和を描いて、あたたかく情緒的なつながりを感じさせてくれた「木星」は、次の新たなステージへと移ります。
 
 今回新月は、そんな「やさしいつながりの一年」の総仕上げです。これからも大切にしたい縁や、自分が心から望む愛情あふれた関係などに意識を向けてみましょう。木星パワーを感じながら、蟹座新月にあたたかな幸運を願ってみてくださいね!
(永沢蜜羽)

占いTVニュース

トピックスRSS

ランキング